土屋太鳳、顔と二の腕の肉付きは「精神的ストレス」のサイン?

 アニメーション映画「フェリシーと夢のトウシューズ」の日本語吹替版で、主人公フェリシーを演じる土屋太鳳。今年1年で「PとJK」「兄に愛されすぎて困ってます」「トリガール!」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」など映画の公開が相次ぎ、今最も勢いのある若手女優といっても過言ではない。

「土屋は2005年、10歳の時に女優発掘オーディション『ミス・フェニックス』で審査員特別賞を受賞して芸能界入り。2015年に連続テレビ小説『まれ』のヒロインを演じて以来、ドラマや映画はもちろん、CMにも文字通り引っ張りだこ。その傍ら日本女子体育大学に通う女子大生でもあったので、超多忙だったはず」(女性誌記者)

 今でも寝る間もないほど忙しくしている土屋だが、激太りしていた時期もあり、ダイエットに取り組んだ過去があったという。

「155センチ、40キロだった土屋が、朝ドラ『まれ』のヒロインを演じていた頃、体重が46キロまで増えてしまい、顔も二の腕もパンパンになってしまったことがありました」(番組関係者)

 NHKの朝ドラは、過酷な撮影スケジュールで有名。痩せこそすれ、太ってしまったとは、一体どんな原因があったのか。

「パティシエを目指すヒロインを演じている関係で、土屋は勉強もかねて出てきたケーキを全部食べていた。それが原因とも言われました、もうひとつは『まれ』の視聴率が伸び悩んだこと。朝ドラのヒロインとのダブルのプレッシャーによるストレスで、過食に走ったとも言われていました」(女性誌記者)

 その後の“ところてんダイエット”などで、元の体育会系のスリムな体系に戻った土屋。何事もがっぷり四つで取り組む努力家だけに、もし顔が丸くなってきたら”何かあった”と考えた方がよさそうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング