安室奈美恵「引退」でアムラーとともに“シノラー”にも脚光!

 歌手・安室奈美恵の「1年後の引退宣言」が波紋を広げている。世間ではいっこうに惜しむ声が絶えないが、特にショックを受けているのは、かつての“アムラー”世代だろう。

 安室は音楽だけでなく、ファッションやヘアスタイル、メイクなども若い女性を中心に支持された。安室を真似た女性はアムラーと呼ばれ、1996年をピークに大増殖。同年の「新語・流行語大賞」のトップ10入りを果たした。そして、アムラーが隆盛を極めた翌97年に一世を風靡したのが、もう1つの「○○ラー」こと“シノラー”だった。

「シノラーの元はタレントの篠原ともえ。篠原のような前髪パッツンでおもちゃのような腕輪をジャラジャラつけたファッションやメイクが当時はやりました。篠原がブレイクしたきっかけは、1996年10月から始まった音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)にレギュラー出演したこと。人懐っこくハイテンションなキャラがお茶の間にウケ、シノラーの知名度は一気に広がりましたが、本人の人気低迷とともに、ブームはたちまち終息しました」(エンタメ誌記者)

 やがてシノラーは、篠原1人を指すただのニックネームになったが、今回の安室引退の報に際し、篠原は人気爆発した当時を懐かしむように、ツイッターにこう綴っている。

「LOVE LOVE あいしてるの第一回のゲストは安室さんだったんです。SPにも来てくれて。アムラー&シノラーで。発表にあまりに驚き、伝説のような生き方。。。」(原文ママ)

 安室の引退宣言でにわかに脚光を浴びたシノラー。今となっては、少々もの悲しく感じる響きだが、たとえ一瞬であっても、その活躍は色あせない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング