平子理沙「ベビー肌」の秘訣は“夜のリラックスタイム”にあり

20151207hirako

 モデルでタレントの平子理沙さんは、44歳にしてあの美貌。その“驚異の見た目”はいまやアラフォー女性たちの憧れの的となっています。

 そんな彼女の美しさの所以の一つが、あの“ベビー肌”。潤いとハリのあるあの肌は、いったいどのような美肌法で培われたものなのでしょうか。

「平子さんは以前、あるテレビ番組で42度前後の熱~いお風呂に10分間ほどドボンと浸かっていると語っていました。実はシャワーだけで済ませるよりも、こうして湯船に浸かったほうが体中の血行が良くなり、新陳代謝も促されることから、皮膚の機能も活発になるといわれているんです」(美容ライター)

 新陳代謝はこれからの寒い季節、手足の冷えによっても落ちてきます。皮脂や汗の分泌が滞ることで、肌の皮脂膜がキチンと生成されなくなってしまうため、乾燥肌や肌荒れを引き起こす悪循環になるそうです。よって、高温のお風呂に浸かることは、美肌をキープするためにも欠かせない行動になるのです。

「さらに平子さんは、今話題の『酵素入り入浴剤』を使っているとか。この入浴剤を使った湯に浸かると、体がぽかぽかしてきて、肌も潤うといわれているんです」(前出・美容ライター)

 平子さんのあのベビー肌は、こうした“夜のリラックスタイム”が作り出しているのかもしれませんね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング