若返りたい!老け顔の原因である「たるみ」は、筋トレでケアできる!?

 みなさんは自分の顔を鏡に映した時、どんなことを感じますか? もしかしたら「あらやだ、老けたかも!」と焦ることもあるかもしれません。

 ドクターシーラボが30~59歳の女性に行った「老化」に関する調査では、「身近な女性の老化を感じる時はどんな時?」の問いに対し、1位になったのは「顔のたるみが増していた時」でした。そして2位は「白髪や抜け毛」、3位が「シミ」、4位が「シワ」という結果に。この結果の逆をいえば、たるみをなくせば若返る可能性が高いということです。では、たるみを取るにはどうすればいいのでしょうか。

 皮膚科医の吉木伸子さんの著書「新版 今さら聞けないスキンケアの正解」(主婦の友社刊)によると、顔のたるみは表情筋のたるみなのだとか。加齢によってコラーゲンが減ると、筋肉もたるみます。そして、筋肉は皮膚にくっついていることから、筋肉が衰えると、顔の肌までたるみがちになるんだそうですよ。

 なので、たるみを予防するには、表情筋の「筋トレ」をするといいそう。また、筋トレに加え、ビタミンC誘導体やレチノールなど、肌老化を予防する成分が配合された化粧品を使うのもいいそうですよ。

 反対にNGなのは、肌をひっぱるマッサージ。逆効果になってしまう恐れもあるので、避けるようにしましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング