2018/03/04 18:14

口癖になっていませんか?“残念な人!”と思われてしまうネガティブワードとは

 仕事をしながら、「忙しくてイライラする!」「疲れた!」「もう帰りたい!」なんて思うことはありませんか? でも、これらはネガティブなワードが多くちりばめられており、口に出してしまうと“残念な人”と認識されてしまう恐れがあるんですよ!

 作家の有川真由美さんは「仕事ができて、愛される人の話し方」(PHP研究所刊)の中で、残念な人が使っているワード5として、「忙しい」「疲れた」「無理」「最悪・最低」「3D(でも・だって・どうせ)」を挙げています。これらが口癖になっている人は、ポジティブワードに言い換えてみることをオススメします。

 ライフスタイリストの嬪嶋珠光さんの著書「なぜか『ヘコまない女』の共通点:心をつよくする40の秘訣」(PHP研究所刊)によると、悲観的な物言いからは勇気も前進も望めないので、「でも、だって、どうせ」の後には、ポジティブワードをつなげることがポイントだといいます。例えば、「でも、やれるかもしれない」「だって、やってみなきゃわからないもの」「どうせ、ダメもと」など。どんなときでも希望を含んだ肯定文で、文章を作るようにするといいそうですよ。そうした言葉は、無意識の領域や心の裏側にも訴える力があるのだとか。

 また、自己啓発コーチである水谷友紀子さんの「その一言が人生を変える! 幸運『引き寄せ言葉』のつくり方」(大和出版刊)によると、「ああ、疲れた」は「ああ、今日も楽しかった!」に、「私は、もう年だから…」は「私は、まだまだこれからですから!」にするといいそう。なるほど、これも使えそうですね。

 ネガティブワードのポジティブワードへの言い換え、いかがでしたか? 周りからの評価も気になるところですが、何よりも自分のために、常に希望を含んだ言葉を口にしてみるのがいいかしれませんね。

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング