2018/03/11 10:14

子どもを褒めるって意外と難しい!?困ったときの“褒めフレーズ”3つ

 子どもたちはどんなことも“初心者”からのスタートですから、「やっぱりできなかった」「上手くいかない」の繰り返しで、次への意欲がしぼんでしまいます。そんなときは、お母さんからの褒める・認める言葉がけで、子どもの挑戦意欲をぐんぐん伸ばしてあげましょう。教育現場でよくいただくのが、「まだできていないし、上手じゃない。どこをどう褒めたらいいかわからない」というお悩み。こんな悩みをお持ちの方は、ぜひ次のような“褒めフレーズ”を活用してください。

■ママは○○が好きだなぁ

 子どもが何かを作ったら、上手な部分や精密さではなく、“心が動かされた場所”を探しましょう。絵を描いた場合なら、「この部分の色、いいなぁ~」でOK。子どもにとって、大好きな人の心を動かした、という感動は、「できたね」の言葉以上に心に響くものです。

■この前より上手になっている!

 子どもが何かに没頭し、繰り返していたら、前回より成長した部分を伝えましょう。絵本が大好きで暗唱できる範囲が広がったら、「お話がレベルアップしたね!」、文字を書き始めたら「ここの“ハネ”が大きく書けてかっこよくなったね!」など、小さな成長でOK。変わったことに気づいてくれる“見ていてくれる”存在は、安心して次に挑戦するための勇気になります。

■「○○をしたんだね」

 何を意図して工夫をこらしたかがわかった場合は、大チャンス! その場で伝えてください。「○○が本当に好きなんだね」「大きくしたの? 迫力ある~!」など、子どもが「そうそう、いわなくても、わかってくれた?」と感動する経験は、意図したことや自分の大切にしているものを表現できたというフィードバックなのです。

 子どもへの褒めフレーズ、いかがでしたか。「すごいね」「上手だね」に足る成果が出ていないから褒めない・認めないというのでは、もったいないことです。「よ~し! もっとレベルアップさせちゃうぞ!」と、やる気の起爆剤になるよう、ぜひ、感じたことを言葉にして子どもに伝えてあげてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング