子どもの言葉遣いはどう直す?

 子どもが「テメー! クソババァ!」なんて言い出したらどうしよう…。子どもが思春期に入ると、付き合う友だちや環境によっては、荒れてしまったり、言葉遣いが悪くなってしまったりしますよね。学習塾で子どもたちを見ていると、「あのときはあんなにかわいかったのに…」と、驚くほどの変貌を遂げる子もいます。とくに、言葉は一度乱れてしまうとなかなか戻りにくいもの。そこで、子どもの言葉遣いの正し方について考えてみましょう。

■両親の言葉遣いが与える影響は大きい

 お父さんが「くそっ!」「おい、お前!」などと乱暴な言葉遣いで話すことが多いご家庭や、お母さんの口が悪い家庭では、子どもも同じような言葉遣いになるケースが多いです。逆に、両親がきれいな言葉を使っているご家庭の子どもは、たとえ少し荒れた時期を迎えても、大人に対してはきちんとした言葉遣いができます。一番の見本は両親。子どもの言葉遣いが気になったら、まずは大人たちの言葉遣いを見直してみましょう。

■下品・悪い言葉には憧れるもの

 一方で、子どもは思春期になると、どうしても乱暴な言葉遣いを「好んで」口にするようになります。ある種の憧れのようなものがあるようです。そのため、全く使わずに過ごしなさいとしつけることは、ある意味難しいもの。むしろ、「使い分ける」ことを徹底するのがよいでしょう。

 筆者もそうでしたが、家庭が厳しくてどんな時でも年上の人に対しては敬意を、という意識をもっていれば、手がつけられないほど口が悪くなることはまずありません。自由にさせるのではなく、守るべきルールは厳格に提示すること。親としての威厳が求められる部分でもあります。

 親が見本となってきれいな言葉を使い、友達との会話と大人との会話との違いをはっきりルール化することができれば、大人になってからも困らず、ていねいな言葉を使える人になるでしょう。まずは、自分たちが発している言葉から、気にしてみてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング