今春入社のフジ新人アナを女子大生時代からマークしていた大物芸人とは?

 3月22日発売の「週刊新潮」が、2018年入局の新人女子アナは芸能プロ出身者が多いと報道。記事ではその理由として、芸能プロは所属タレントの男性関係まで厳しくチェックしており、スキャンダルの心配がないことなどを挙げている。

 その中の有望新人の1人がフジテレビに入社する井上清華アナ。彼女はお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実のファインプレーによって、女子アナへの道が開けたとの見方が出ている。

 井上アナは青山学院大学在学中に芸能プロダクションの「スプラウト」に所属し、報道番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のお天気キャスターを担当していた。まさに芸能プロ出身の新人女子アナだ。この輝かしい経歴を強力にアシストしたのが徳井だった。

 というのも、15年2月放送のバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、徳井は美女探しのために青学大に潜入。その徳井の目に止まったのが井上だった。徳井は彼女に「お姉さん、ミス青山出たら獲るんちゃう?」などと大絶賛。このロケがきっかけで井上は、2015年度のミス青山学院大学に応募し、見事ファイナリストに選出されている。

 同年12月に放送された同番組では、セント・フォース(フリーアナウンサーやキャスターが所属する芸能事務所)のスカウトマンという設定で再び徳井は青学大のミスコンに潜入。徳井は「僕の中では井上さんですね」と井上を猛プッシュ。ミス青学大の栄冠こそ逃したが、その後、井上はセント・フォースの女子大生タレント部門に当たるスプラウトへの所属が決まり、「NEWS ZERO」のお天気キャスターの座を射止めたというわけである。

「16年6月21日に放送された同番組で、井上と徳井は再会を果たしました。そこで井上は『徳井さんに見つけていただいたおかげで、素晴らしい経験をできています。本当にありがとうございます』とお礼を言っていました。実際、徳井が井上を発見していなかったら、女子アナへの道は開けていなかったかもしれません」(テレビ誌記者)

 井上アナは、徳井に足を向けて寝られないだろう。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング