佐藤仁美のダイエット報告に「リバウンドに期待」の声が上がるワケ

「結果にコミットする」ことで有名なライザップで、酒好き豪快ぽっちゃりキャラの佐藤仁美が“やせて”しまった。

 4月17日に都内で行われた「ライザップ新CM記者発表会」に出席した佐藤は、61.6キロあった体重を49.4キロに、ウエストは20.5センチ減らした“美しいボディライン”を披露。現在38歳の佐藤は40歳を迎える前に「やせてモテたいな」と奮起し、3カ月かけて美ボディを手に入れたという。

 見た目は変わっても、サービス精神旺盛なキャラは相変わらず。「今までは、ぽっちゃりした嫌味なおばさん役が多かったけど、菜々緒ちゃんに近づいてきたかな。キャラがかぶるな」とコメントして笑いを誘った。

「芸能界には菜々緒以外にも、スレンダーで美しい女優は掃いて捨てるほどいます。佐藤の言葉を引用すれば“ぽっちゃりした嫌味なおばさん”は、ドラマや映画に必要不可欠なキャラクターです。それなのに高い演技力を持つ佐藤がその枠から降りてしまったのですから、各制作スタッフ陣は不安がっているのだとか。ネット上でも『佐藤さんがヤセちゃったら、ぽっちゃりした嫌味なおばさん役をやれる人がいないよ!』『やせたら仁美のキャラが死ぬ』といった声が続出しているようです。中には『リバウンドに期待』『きっと仁美はすぐにこっち(ぽっちゃり)に戻ってくる』といった声も多々あり、美しく変身した佐藤を称賛する声がかき消されるほどの勢いを感じます」(女性誌記者)

 デビュー当時のすっきりしたフェイスラインに戻った佐藤。しかし、年月を重ねてふっくらした佐藤を愛してやまない人々が大勢いることも忘れないでほしい。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング