KAT-TUNファンが涙!V6井ノ原の「マッチにはできない」優しきエール

20151222inohara

「ジャニーズの帝王」近藤真彦の“先輩風”にブーイングが集まっているが、対照的に若者からの好感度が圧倒的に高いのがV6の井ノ原快彦だ。16日に放送された音楽特番「2015FNS歌謡祭 THE LIVE」(フジテレビ系)で、またもや良き兄貴分として後輩メンバーへの優しさを見せた。

 同番組のトップバッターとして登場したV6は、KAT-TUNやNEWSなど後輩グループ6組とコラボしてスペシャルメドレーを披露。KAT-TUNとのコラボステージでは96年リリースのヒットナンバー「TAKE ME HIGHER」を熱唱したのだが、曲初めのダンスパートで井ノ原は何を思ったのか突然、KAT-TUN・田口淳之介の持ちギャグ、「入口、出口、田口です!」と発言。その予想外のブッコミにメンバーたちもダンス中に思わずニヤケてしまっていた。

 だが、この井ノ原の言動にKAT-TUNファンからは「イノッチ兄さん、ありがとう」と感謝の言葉が多く寄せられている。

「田口といえば、来年春でのグループ脱退を先月発表したばかり。その脱退理由は明確には語られてはいないものの、亀梨和也ら残されたメンバーが納得のいくような形で辞めるわけではないようなので、現在のグループ内の空気は決して良好ではありません。それだけに、KAT-TUNファンたちも番組を楽しんで観ていられる状況ではなかった。そんな中、井ノ原はあえて田口のネタに触れて、笑いを取っていました。この発言で中丸雄一がクスッと笑うカットが映し出されており、そこに非常に安堵を覚えたというファンが多かったようですね。また、田口本人もこの発言の効果か、張り詰めたオーラが消え、いい感じにリラックスしてパフォーマンスできているように見えました」(テレビ誌記者)

 このイノッチの機転には「マッチには逆立ちしてもできない」「さすが紅白司会者は違うな!」「イノッチとは優しさの塊だ」など、ファンから絶賛されている。

 腫れ物扱いするのではなく、あえてそこにツッコんで笑いに変えたイノッチなりの後輩へのエールは、しっかりジャニーズの若手やファンにも届いていることだろう。

(石田安竹)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング