ヘタレ、王子、チャラ男…中川大志の“実像”に近いのはどれ?

 先日、放送が終了したドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」では、主人公の杉咲花演じる江戸川音の婚約者であり、平野紫耀演じる神楽木晴とライバル関係になる馳天馬を好演した中川大志。

 天馬は婚約者の主人公を一筋に想い、勉強、スポーツ、何でもできるお金持ちの王子様キャラで、最後は好きな彼女のために自分から身を引き、彼女の背中を押すという優しさも兼ね備えた欠点の見当たらない男子高校生。視聴者からも「別に天馬くんでいいんじゃない?」「天馬君ふるなんてもったいない」「可哀想」「続編は天馬君主役で」と“天馬君ロス”の声が相次いだ。中川大志自身も「花晴れロス」でまだまだ演じていたかったと話す。

 そんな中川大志だが、様々なイケメン役を次から次へと演じている。

 auのCMでは、神木隆之介演じる意識高い系男子の「高杉君」の幼馴染で、几帳面で真面目、いろんなことに細かすぎる性格の転校生・細杉卓(こますぎすぐる)。10月公開予定の映画「覚悟はいいかそこの女子。」のエピソード・ゼロのドラマ版がすでに6月24日からスタートしているが、そこではヘタレイケメン。7月6日に封切られた映画「虹色デイズ」では、おバカでチャラいイケメン男子高校生。

「イケメン」という共通点以外は王子、几帳面、ヘタレ、チャラ男と、全く違う役回りだ。中川本人はインタビューで、「チャラ男はテンションを一気に上げないといけないところもあったので若干大変」「僕自身は、お化けも高いところも虫も苦手なんで、結構ヘタレです」と話す。

 6月30日に出演した「にじいろジーン」(フジテレビ系)では、山口智充とキャンピングカーでBBQをする企画に出演。「火を起こすのが得意」「将来は山奥に住みたい」「子どもを連れてキャンプに行くのが夢」などと語っていた。

 実際、18歳になってすぐに免許を取り、車に乗って釣りに行ったり、友人と温泉に行ったり、父親とドライブしたりとアクティブに行動している中川大志。自己評価では“ヘタレ”と謙遜するが、実際はワイルドな行動派イケメンのようだ。

(琴葉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング