2018/08/24 07:15

真矢ミキ、母親が「私を忘れていた」と悲痛な胸中を吐露

 女優の真矢ミキが8月20日、自身のオフィシャルブログ「Have fun!」を更新し、実の母親から認識してもらえなかったことを明かしている。

「何処かの貴方へ」とのタイトルで投稿された記事内で、「今日、母が私を忘れていた。今年で米寿を迎える母」と切り出した真矢は、続けて「母の夫、私にとっての父が他界してから約14年が経つ。あの父が亡くなった夜から、母は少しづつ悲しみを忘れたいのか、現実逃避していった気がする」と綴り、母の14年間の葛藤を打ち明けると、「私は敢えて認知症なんて言葉は使いたくない。悲しみを忘れたかった母の気持ちがわかる気がするから」と現状に至った母の辛い胸中を察している。

「真矢はさらに『何処かでそんな思いをしている方がいたら、そんな事伝えたいと思った』とも続け、タイトルに込められたメッセージは同じ境遇に悩む人に向けられたものであることを説明しています。2015年からは朝の帯番組『ビビット』(TBS系)を任され多忙を極める真矢ですから、常に母親のそばに居てあげることができないのも辛いのかもしれません。真矢といえば、共に同番組の進行を務めるTOKIOの国分太一が山口達也の強制わいせつ騒動に揺れていた際、『太一さんが日に日に痩せているのがとても辛い。ちゃんと休めてますか?』などと思いやりに満ちた気遣いの言葉をかけていたのが印象的でした」(テレビ誌ライター)

 真矢による悲痛な叫びにはネット上からも「愛するお母様が変わってしまうことはあまりに悲しいですね」「親がボケるなんて信じたくない気持ちは分かる」「いつか自分の父母がって思うと胸がキュッとする歳になった」との反応が寄せられ、「なんて良い親子関係を築いたんだろう」との書き込みもあった。

「敢えて認知症なんて言葉は使いたくない」と気丈に振る舞う真矢だが、「泣きたいと言う衝動的な娘としての感情と、それで良いんだといいきかせる、大人になっている自分がいることに気づいた夜だった」とも綴り、悲しみと平静の間で揺れ動く心情が見て取れた。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 80350

    見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増しているそうです。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約4倍強なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」こと … 続きを読む 見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング