食事制限だけでは美ボディはつくれない!?ダイエットに運動が必要なワケ

 食事制限だけで痩せるのか、しっかり運動をして痩せるのか──どちらの方法を取るかで、ダイエットとの向き合い方が大きく変わりますよね。そこで、多くの女性が望む“健康的で美しいボディラインに整える”ためのダイエット方法を考えてみましょう。

■食事制限だけで痩せる…

 とにかく摂取カロリーを抑えることで体重を減らした場合、体脂肪だけでなく、水分や筋肉、骨なども削ってしまいます。不足した栄養素を、筋肉や骨から賄おうとするためです。そのため、体重を軽くすればするほど、健康の土台を削ってしまう可能性があります。

 食べ過ぎていた分を減らすことに弊害はありませんが、必要以上の食事カットは不健康のもと。せっかくスリムになっても筋肉で引き締めることができないため、たるみにも悩まされやすくなります。

■運動もして痩せる…

 ボディラインを引き締めたり、エネルギーを消費したりするには筋肉が必要で、筋力を高める必要があります。事実、そのための筋トレや有酸素運動では、体幹の筋肉が鍛えられ、身体の表面をキュッと引き締める効果が期待できます。逆に、運動をしないと加齢と共に筋肉が衰えていってしまうため、ボディラインは崩れますし、健康維持の観点からも運動はオススメです。

 また、日々の生活や運動でより多くのエネルギーを消費できるようにするためには、身体のしなやかさも重要になります。関節の可動域を広く思い通りに動かせる状態にすることで、同じ運動でも運動効果に差が出るのです。

 とはいえ、無理な運動は怪我につながりますし、何より続きません。筋トレやストレッチ(ヨガ)、有酸素運動などは、無理のない程度に日々の生活に取り入れるのがよいでしょう。全身を鍛えるのではなく、細くしたい部分を中心に筋トレをすることで、体重を減らさずにボディラインを引き締めることができますよ。

 ダイエットにおいて運動の必要性を述べてきましたが、運動しないと痩せられないわけではありません。でも、運動なしの急激なダイエットでは、身体に大きな負担をかけてしまいます。ですから、健康的でメリハリのあるボディラインを目指すなら、ぜひ身体を動かしてくださいね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング