2018/10/09 18:15

織田裕二が「東京ラブストーリー」の“続編”に対する思いを激白!

 10月8日スタートの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)が初回視聴率14.2%と上々のスタートを切った。それに先立って、出演する織田裕二と鈴木保奈美が4日、記者会見に出席。27年ぶりの共演にまつわる秘話が明らかになった。

「会見の中で織田は、先月再放送されたドラマ『東京ラブストーリー』を録画して全部見たことを明かし、『今見返したら面白いんだな』と改めて感想を口にして共演した鈴木を驚かせていました」(スポーツ紙記者)

 織田にとっては出世作と言われる「東京ラブストーリー」だが、当時は優柔不断な“カンチ”の役作りにかなり悩んでいたとされ、その苦い思い出もあって、二人の共演がここまで遠のいてしまったと、まことしやかに囁かれてきた。

「今回の“月9”に関してフジテレビサイドは当初、2016年に発表された柴門ふみによって描かれた『東京ラブストーリー』の続編を考えていたようです。50代を迎え、二人のその後のドラマが描かれ評判も高かっただけに、フジテレビとしては“柳の下の二匹目のドジョウ”を狙いたかったのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 しかし最終的には今回の“月9”は、「東京ラブストーリー」の続編とはならなかった。その辺りの心境を、5日に放送された「めざましテレビ」(フジテレビ系)の独占インタビューの中で、織田自身がこう語っている。

「織田はインタビュアの軽部真一アナに対して、『東京ラブストーリー』の大ヒットが辛かったと当時の心境を振り返り、その頃コンサート会場でも“カンチ~!!”といった呼び声が掛かり『いつまでカンチやってなきゃいけないんだろ』『カンチに飲み込まれた』とコメント。『キラキラした月9を捨て』『(その後)月9のオファーをすべて蹴った』と苦しい胸の内を明かしています」(前出・テレビ誌ライター)

 フジテレビでも数々のヒットドラマに主演してきた織田だが、“月9ドラマ”への出演は、例外的に「東京ラブストーリー」と同じ坂元裕二氏脚本による「ラストクリスマス」(2004年)、と「太陽と海の教室」(2008年)の2作品しかない。

「そのこだわりについては独占インタビューの中で織田は、“今ここにいるのは、ある意味『東京ラブストーリー』のおかげ”と逆説的にコメントしています」(前出・テレビ誌ライター)

 残念ながら、やはり続編はなさそうだ…。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング