2018/12/03 18:14

生理用ナプキンが買えないことで起きる問題とは?

 私たちが日々、当たり前のように生理用ナプキンを購入して利用している中、ひとたび国が変われば様相も変わります。例えば、アフリカ最大のスラム街と称されるキベラ・スラムでは、貧困のためにきれいな生理用ナプキンすら買えない状況だといいます。これは極端な例ですが、もし生理用ナプキンが買えない状況になったとき、いったいどのようなことが起きるのか、女性としてぜひ知っておきたいものです。

 大王製紙がCSR活動の一環として国際ガールズ・デーの2018年10月11日から世界の女性たちへの支援活動「ハートサポート 2018」をスタートさせました。このプロジェクトを共に行う一般財団法人mudefによると、キベラに住む女性は、不衛生な古い布や毛布の切れ端を生理用ナプキンとして代用しているとか。このことから、感染症や破傷風、膀胱炎などが問題になっているそうです。

 また、学校に通う女子は生理になると、制服が汚れたりにおいがしたりすることが原因で周囲からいじめられることがあり、生理期間中は自宅に引きこもることがほとんどなんだそう。

 同じ女性であれば、ドキッとせずにはいられない現状ですよね。でも、生理用ナプキンを買えないことは先進国イギリスでもあるそうで、貧困に苦しむ女性たちは靴下やトイレットペーパーを使ってしのぎ、学校を休むケースもあるのだとか。

 確かに日本でも、ナプキンから漏れてしまったという経験は女性なら一度はあるはず。そして、そうした体験よりもさらにつらい状況にある女性がいるということは知っておきたいもの。これらを改善するために、少しでもアクションが起こせるのなら、起こしたくなりますね。

「ハートサポート 2018」プロジェクトには、SNSで集まった「LIKE(いいね)」の数と同数の生理用品が支援される仕組みがあるようで、すでに支援上限の200万LIKEを達成したそうです。来年以降、200万枚の生理用ナプキンがスラム街キベラへ支援される予定だといいますが、こうしたプロジェクトに積極的に興味をもってみてはいかがでしょうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング