生理用ナプキンが買えないことで起きる問題とは?

 私たちが日々、当たり前のように生理用ナプキンを購入して利用している中、ひとたび国が変われば様相も変わります。例えば、アフリカ最大のスラム街と称されるキベラ・スラムでは、貧困のためにきれいな生理用ナプキンすら買えない状況だといいます。これは極端な例ですが、もし生理用ナプキンが買えない状況になったとき、いったいどのようなことが起きるのか、女性としてぜひ知っておきたいものです。

 大王製紙がCSR活動の一環として国際ガールズ・デーの2018年10月11日から世界の女性たちへの支援活動「ハートサポート 2018」をスタートさせました。このプロジェクトを共に行う一般財団法人mudefによると、キベラに住む女性は、不衛生な古い布や毛布の切れ端を生理用ナプキンとして代用しているとか。このことから、感染症や破傷風、膀胱炎などが問題になっているそうです。

 また、学校に通う女子は生理になると、制服が汚れたりにおいがしたりすることが原因で周囲からいじめられることがあり、生理期間中は自宅に引きこもることがほとんどなんだそう。

 同じ女性であれば、ドキッとせずにはいられない現状ですよね。でも、生理用ナプキンを買えないことは先進国イギリスでもあるそうで、貧困に苦しむ女性たちは靴下やトイレットペーパーを使ってしのぎ、学校を休むケースもあるのだとか。

 確かに日本でも、ナプキンから漏れてしまったという経験は女性なら一度はあるはず。そして、そうした体験よりもさらにつらい状況にある女性がいるということは知っておきたいもの。これらを改善するために、少しでもアクションが起こせるのなら、起こしたくなりますね。

「ハートサポート 2018」プロジェクトには、SNSで集まった「LIKE(いいね)」の数と同数の生理用品が支援される仕組みがあるようで、すでに支援上限の200万LIKEを達成したそうです。来年以降、200万枚の生理用ナプキンがスラム街キベラへ支援される予定だといいますが、こうしたプロジェクトに積極的に興味をもってみてはいかがでしょうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 169711

    血中コレステロールは「増やす」ことも大事!?血中コレステロール対策のポイント

    「40歳を過ぎてから、年々、コレステロールの値が…」と、気になっている方は多いのではないでしょうか? 体調に大きな変化がないからと気にしないまま過ごしがちなコレステロールですが、やはり指摘されると気になるもの。早めに対策 … 続きを読む 血中コレステロールは「増やす」ことも大事!?血中コレステロール対策のポイント

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

注目キーワード

ランキング