「春菜はいいや」って何様?水川あさみの“ハリセン近藤イジリ”にブーイング!

 仲がいいからこそのイジリだろうが、不快感を抱いた人も多かったようだ。

 水川あさみが12月4日に自身のインスタグラムを更新。女優の永野芽郁との並び写真を公開したところ、思わぬ形で批判を浴びてしまった。

 水川は「こないだ芽郁ちゃんと。この写真おんなじ髪形でおんなじ表情でおかしい」と綴り、見るからにハイテンションな2人が写る画像を投稿。が、写真をよく見ると、水川の隣には赤い服を着用した人物の肩の部分が見えており、水川は本文の最後に「春菜も居たけど、春菜はいいや」とコメント。どうやら赤い服を着用した人物はハリセンボンの近藤春菜だったらしい。

 実際、永野もこの時に撮影した写真を自らのインスタグラムに投稿しており、こちらには「姉やんが双子写真あげていたので私は三人のを(笑)」とし、近藤も写った3ショット写真を公開している。

 近藤をあえて外した写真をチョイスするのは仲の良さの表れだろうが、どうやらこの“近藤イジリ”を不快に感じたという人が多かったようで、「いやいや、これは近藤が可哀想」「自分が同じことを近藤さんにされたら怒るくせに」「私も同じことを友達にやられて笑って振る舞ってたけど、結構辛かった」といった批判的な意見が相次いでいる。

「永野と同じ髪型ということを強調したいわけですから、近藤をフレームアウトしたい気持ちも分からなくもない。永野の投稿した本文を見ても、近藤にはサラッと触れるぐらいで、水川を“姉やん”と言っているぐらいですから、永野は水川と特に仲がいいということでしょう。ただ、今回に限っては『春菜も居たけど…』の部分が完全に蛇足でしたね。水川としては近藤がいることを伝えておきながら、カットした方がウケると感じたのかもしれません。

 また、水川をはじめ、吉高由里子やベッキーら仲が良い美女タレントと食事をしたときには、近藤がお代を負担、さらにタクシー代まで近藤持ちという週刊誌報道もありました。それなのに“この扱いはない”と残念に思った人が多かったようです」(エンタメ誌ライター)

 イジリとイジメの境界線は難しいところではあるが、たまには近藤を主役扱いしてあげてほしいものだ。

(権田力也)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング