Koki,の「理想の女性は母親」発言に一斉にあがったシビアな反応

 モデルのKoki,(「o」の上に「-」)が12月12日、都内で開かれた「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018」ゴールデンカーペットセレモニーに出席。そこで明かした“理想の女性”についてのコメントが波紋を呼んでいる。

 ブルガリのアンバサダーを務めるKoki,は、胸元やスリット部分が透けたタイトワンピースで登場。司会者から「将来はどんな女性になりたいか」を問われると、「母のような女性になりたいです」と、工藤静香が理想像であると回答。さらに「自分より、いつも私のことを考えてくれて。大好きです」と語った。

「しかし、これにネット上では一斉に、『お母さんみたいにはならない方がいい』『その人だけはやめておけ』と、猛反対の声があがったのです。通常であれば“母親が理想の女性像”などは模範解答というべきところですが、その対象が工藤だけに、アンチには受け止められにくい状況。娘としても苦労するところでしょう」(女性誌記者)

 なんと言っても工藤は、「週刊文春」で9月に発表された「女が嫌いな女」ランキングでも1位に輝いた御仁。しかもタイミング悪く、このセレモニーの前日には工藤が自身のインスタグラムでマスクをせずに咳をする男性に苦言を呈し、一般人にキレる姿勢が猛反発を食らっている。

「工藤本人もすでに自分が前に出れば出るほど批判にさらされ、それがKoki,や夫の木村拓哉にまで飛び火することが分かっているはず。このままわきまえずに“自分発信”を続けていると、最愛の娘にも愛想をつかされないか心配ですね」(前出・女性誌記者)

 工藤はいつまで娘にとっての“理想の女性”でいられるのか?

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング