「賞金と質が釣り合わない」有吉弘行の“THE W批判”に賛同者が続出!」

 お笑い芸人の有吉弘行が12月16日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)に出演し、漫才No.1を決する「M-1グランプリ」と女芸人のNo.1を競う「THE W」が同じ賞金額に設定されていることを嘆いた。

「M-1グランプリ」も「THE W」も共に優勝賞金は1000万円となっており、ピン芸人のNo.1を決める「R-1ぐらんぷり」(賞金500万円)の2倍の金額。有吉はこの「THE W」の賞金額について「ちょっと釣り合ってないよ。THE Wの賞金は100万円にしなきゃダメだよ、マジで。来年から」と異議を唱え、12月10日に開催された2018年度大会を制した阿佐ヶ谷姉妹については「面白いことは知ってるよ、前からね。それは知ってるけど、もちろん」とその実力を認めるも、「でも他(の出場者)にも色々とね」とも述べ、全体的なクオリティーが賞金に見合っていないのではないか、との見方を仄めかしている。

 この有吉の持論はネット上で多くの賛同を得ることとなり、「有吉さん、よく言ってくれました。面白さが格段に違いました」「現状では有吉の主張の通りだな」「昨年も面白くなかったが、今年も全く面白くなかった。100万円でももったいない」「女芸人の格を上げようとする意図が見え隠れしてるけど番組を見て優勝1000万円の価値は感じなかった」との書き込みが多数寄せられた。

「そもそもこの『女芸人No.1決定戦 THE W』は2017年12月に第1回をスタートさせたばかりの新設のコンテストであり、参加芸人も様子見の段階ということもあるでしょうが、最大の問題点は縛りが“女性芸人”のみとなっている点です。他のお笑いコンテストは「漫才」や「コント」といった芸種の縛りを設けていますが、この『THE W』はネタの種類やジャンルについての制限が無く、とにかく女性であればなんでもOKという状態の為、中にはコントなのか漫才なのかすら分からない支離滅裂なネタを披露する出場者も居ます。『M-1グランプリ』の優勝を本気で目指すコンビは、ひたすら“M-1用に特化したネタ”を稽古し続けますが、『THE W』にはそういった傾向と対策を模索するような段階にきていません。一般の視聴者にも指摘されてしまう“質の低さ”はそのような部分も原因としてあるのかもしれませんよ」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、各テレビ局や芸能事務所も、“第二のイモトアヤコ”や“新たな久本雅美”といったニューホープを発掘したいとの願いは共通しており、同大会を盛り上げる為なら1000万円の賞金額など大会スポンサーにとっては痛くもかゆくもない金額ということだろう。

 まだまだ第2回を終えたばかりということで、もうしばらくは「THE W」の成長期間として見守る必要がありそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング