ベッキーのネガティブ報道で“嫌われ者”紗栄子の株がなぜか上昇中?

20160202saeko

「週刊文春」の連続“爆弾砲火”で、ついに休業に追い込まれたベッキー。

 ネット上では、真偽不明ながら「プライベートではファンをガン無視する」「常温の水を持って来いとスタッフを怒鳴りつけた」といった過去の“腹黒エピソード”が毎日のように掘り起こされるなど、いまだネガティブキャンペーンは終わる気配がない。

 ところが、そんなベッキー株の大暴落が続く一方で、ネット上ではなぜかあの紗栄子の株が急上昇するという珍現象が起きているという。

「ツンケンしているように見える紗栄子ですが、じつは業界内でも愛想がいいタレントとして知られた存在。ある番組で南海キャンディーズの山ちゃんが、『紗栄子は下っ端の芸人や若いADにも気さくに話しかけてくれる。男性が夢中になる理由もわかる』と“モテ”の秘訣を分析していたことも。また、プライベートの時も、イヤな顔ひとつせずにファン対応するという話も聞こえてきます。ネットでは『たとえその優しさが紗栄子の計算だとしても、ベッキーみたいに相手の立場によって接し方を変える人よりずっとずっといい』という意見に賛同する声が集まっているんです」(芸能ライター)

 さらに、こんなエピソードまで“神対応”として紗栄子アゲの材料となっている。

「前夫のダルビッシュと山本聖子の妊娠報道の時、取材陣にコメントを求められると苦笑しながらも祝福の言葉を送っていました。大手事務所のタレントなら無表情のまま『関係ない質問なんで』と取材を打ち切ってもいいのに、この対応は大人だったとメディアの間では絶賛されました」(スポーツ紙記者)

 超セレブ社長との交際が順調な紗栄子だけに、ベッキー報道を余裕の笑みを浮かべながら見ていることだろう。

(烏山麻衣子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング