子どもでも「睡眠負債」の実態が明らかに!?体調への影響と対策とは?

 ショップジャパンが2018年3月、全国の小・中学生の子どもを持つ30~59歳の母親を対象に実施した「子どもの睡眠に関する調査」によると、親子共に平日の睡眠不足を補うため、休日は起床時間と就寝時刻が遅く、睡眠時間が長くなる傾向がみられました。この結果、子どもの「睡眠負債」の実態が明らかになりました。

 昌仁醫修会瀬川記念小児神経学クリニック理事長で『子どもの早起きをすすめる会』の発起人である星野恭子さんによると、睡眠不足の1歳児は「指さし・喃語が少ない」、夜型の幼児は「攻撃性が高い」「不注意が多い」、夜型の5歳児は三角形が書けないのだとか。また、平成26年度の文部科学省の調べでも、睡眠不足が「易刺激性(何でもないのにイライラする)」「自尊心(自分のことが好き)の低下」に関連することが示されているそうです。

 夜は疲労回復や成長、朝は活動モードという生体リズムが子どもたちの身体の発達を促すため、睡眠不足は体温の異常や交感神経・副交感神経の異常をきたし、朝起きれない、肥満、高血圧、高血糖などを招くそうです。さらに、睡眠中でも記憶や学習に関連する海馬などは活動し、情報が統合・整理されて記憶が定着するため、極端な寝不足が続くと学習効果が減少する可能性があるとも。

 では、日々の夜をどのように過ごすとよいのでしょうか。星野さんによると、ゲーム・スマホ・テレビなどは要注意。脳が興奮すると眠れなくなってしまうため、これらは眠る1時間前頃には止めた方がいいのだとか。就寝時刻の目安は、小学生で21時。なかなか難しいかもしれませんが、学童期は脳も身体も成長する大事な時期ですので、早く寝ることがとても重要なんだそうです。

 日中の脳の活性化や睡眠中の疲労回復には、子どもに限らず大人でも睡眠時間の確保が欠かせません。家族全員で早寝早起きのためにできることを考え、十分な睡眠環境を整えたいですね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 101049

    衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

    本格的な冬支度は進んでいますか? 衣類の入れ替えのときって、害虫やカビ、シワになるなどの失敗も多々ありますよね。そんな“困った”を事前に防ぐために、衣替えのNG事項をみていきましょう。■1回でも着用したのに、洗濯やクリー … 続きを読む 衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング