更年期が終わっても不調は続く!?「アフター更年期」の症状と対策

 更年期にはさまざまな不定愁訴が現れるといわれますが、その後に訪れる「アフター更年期」にも不調はあるようです。

 ウィメンズヘルスクリニック東京の浜中聡子院長の著書「アフター更年期からの不調を治す50の習慣」(主婦の友社刊)によると、アフター更年期には、薄毛が気になる、疲れやすくなる、ちょっとしたことでイライラする、ご飯の量を減らしているのに体重が増える、よく眠れない、などの悩みがよくみられるのだとか。これは、更年期が終わった後でも、女性ホルモンの量は減少するから。生活習慣病のリスクも上がるのだそうです。

 対策としては、規則正しい生活、ストレスマネージメント、楽観主義、手足の機能を保つ、腹八分目の和食、快適な睡眠、常に学び向上しようとする、人とのかかわりあいを大切にする、今ある健康に感謝する、などがあるそうです。

 その中でも注目なのは、アフター更年期に有効な成分がたくさん含まれている果物を取ること。イチゴやキウイフルーツなどに多く含まれるビタミンCは、美肌にも欠かせません。また、バナナのトリプトファンは、“幸せホルモン”といわれるセロトニンの生成にいいといわれています。

 信州大学医学部特任教授の大橋俊夫さんの著書「長生きしたければ『油』を上手に摂りなさい」(PHP研究所刊)によると、セロトニンはうつ病と関係している物質で、その約8割が腸内に存在しているのだとか。そのため、体に効果的に働かせるためには、食事の3時間後に横になって腹式呼吸をし、腸のリンパを流してあげることが大切なんだそうですよ。

 更年期が終わっても、まだまだ不調が続くとは困ってしまいますよね。少しでも症状を和らげるために、いまから対策しておきたいものです。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング