宇野昌磨ファンが確信する「世界選手権も優勝」のジンクス

 絶対王者・羽生結弦選手の高い壁に阻まれることも多く、主要な国際大会でなかなか優勝することができなかった宇野昌磨選手が、2018‐2019フィギュアスケート四大陸選手権で、ついに初優勝を飾った。

「シニアデビューしてから四大陸選手権、世界選手権、GPファイナル、冬季五輪の主要な大会に11回出場して2位になること6度。ファンもなんとか優勝させてあげたいという気持ちでしたので、ネット上には喜びの声も数多くあがっています」(スポーツライター)

 今回の四大陸選手権では、絶対に優勝すると確信していたファンも少なからずいたようだ。羽生選手、ネイサン・チェン選手が欠場したからかと思いきや、それだけではないという。

「宇野選手が四大陸選手権に出るのはこれで5回目。2014‐15年から毎年出ているのですが、ファンはその順位に注目しているんです。初出場での5位から毎年1つずつ順位を上げており、今年は1位になる年だったのだというのです。世界選手権でも優勝を狙っていますが、こちらも優勝を確信させる法則が。というのも、世界選手権では昨年、一昨年と2位なのですが、過去に全日本ジュニア、全日本選手権でも2位が続いた翌年には優勝しているのです」(前出・スポーツライター)

 科学的根拠のないジンクスだが、そんなことにでもファンはすがりたくなるもの。果たして、どんな結果が待ち受けているのか。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング