「結婚したい男」4位のムロツヨシに“絶対それはない”の大合唱!

 2月21日発売の「週刊文春」が「結婚したい男」アンケートを4年ぶりに実施し、その結果を発表した。

 1位に輝いたのは、俳優の竹野内豊。2018年の夏ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)で演じた父親役で好感度を増した。

「亡くなった奥さんと後妻に定期的に花を贈るシーンに、女性視聴者はグッときたようです」(テレビ誌ライター)

 2位は俳優の高橋一生。3位はKinKi Kidsの堂本剛、4位に俳優のムロツヨシ、5位には嵐の相葉雅紀。以下、NEWSの増田貴久、松坂桃李、佐々木蔵之介、斎藤工、山下智久と続く。

 注目すべきは、前回まで圏外だった高橋、堂本、ムロ、相葉、増田がランクインしたことだろう。

「俳優の場合、このようなランキングは出演していたドラマに左右されますね。竹野内しかり、高橋も『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)で出世欲のない“動物行動学”を教える専任講師を演じて好評を得ました。ムロも『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で、若年性アルツハイマーに侵された妻を支える夫を好演しました」(前出・テレビ誌ライター)

 だが、そんなムロに対するブーイングがネット上を賑わしている。「このタイミングでのムロは絶対ない」「今はムロは好感度駄々下がりだよ」「ムロツヨシのイメージが下がる前にとったアンケートなんだろうなぁ」などの意見が見受けられるのだ。

「性的暴行の疑いで逮捕された新井浩文容疑者へ向けての応援ツイートと思われた件が、まだ尾を引いているようですね。『こっから、また、応援しよう』との応援メッセージは『アジアカップの決勝戦をみて、日本代表への思いでした』と釈明したにもかかわらずです」(芸能記者)

 新井容疑者の犯行が女性への非道だっただけに“被害女性への配慮に欠ける”と一部の反発を買ってしまったワケだが、そのマイナスイメージは、いまだ冷めやらぬようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング