小芝風花「トクサツガガガ」で見せた松下由樹との猛烈“ビンタ応酬”の深み

 一部で熱狂的な支持を得ているドラマ「トクサツガガガ」(NHK)の第6話が、2月22日に放送され、主人公・叶を演じる小芝風花と、主人公の母・松下由樹の思いがけぬ“ビンタ合戦”に注目が集まっている。

「商社に勤めるOL・仲村叶(小芝)は、特撮をこよなく愛する“隠れオタク”。この回で、周囲に言えないからといって自分の趣味を否定されたくない主人公・叶と“女の子らしさ”を求める母・志(松下)が、ついに激突。母から『ええ年して、こんなちっちゃい子が欲しがるようなモン集めて!』とビンタされ、大切なオタク仲間まで侮辱され、さらにフィギュアまで壊された叶はブチ切れ、『じゃかあしいクソババア!!』と母親に張り手を喰らわせる。『あんた…親に向かって』と驚きの表情を隠せない母に向かって『親じゃないよ!だから鍵返して。育ててもらった恩とか、大学のお金とか一生かかっても返すから!それでもう家族じゃない!!』とタンカを切る叶に『よく言った!叶!!』『心臓エグられた』『つらすぎて泣いた』というコメントがネットでも躍りました。これまで“隠れオタク”役をコミカルに演じてきた小芝の感情の発露に、視聴者も驚きを隠せなかったようです」(テレビ誌ライター)

 NHKとは縁の深い小芝。2016年にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」ではヒロインに反抗する娘役を、翌年にはBS時代劇「伝七捕物帳2」では、チャキチャキの江戸っ子娘、同年「ヒロシマ8.6ドラマ ふたりのキャンバス」では、原爆をテーマにした話題の作品に主演。そして去年出演した「女子的生活」では、志尊淳演じるトランスジェンダーを誘惑する小悪魔少女役を演じ、艶シーンにも注目が集まった。

「今回、この『ドラマ10』の枠で見事に大役を演じきり、一部の視聴者からは今期の連ドラNo.1の呼び声も高いこの作品。シリアスからコメディまで、幅広い演技で魅了してきた小芝は今後、NHKだけでなくフジテレビの月9枠を始め、民放の人気枠でも活躍が期待できます」(前出・テレビ誌ライター)

 1月に発売されたセカンド写真集「F」では、アンダーウェア姿も収録されているなど、大人っぽさも纏い始めている小芝。来年のいま頃には、全く違う立ち位置になっている可能性大か!?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング