スゴい嫌われっぷり!水原希子の“中身はギャル”アピールに読者が一斉反発

20160215mizuhara

 傍若無人な言動で芸能界で“嫌われ者”のポジションを得ている水原希子が、今度はギャルたちを敵に回したようだ。

 水原は女性向け雑誌「S Cawaii!」3月号のカバーガールに登場。同誌のインタビューで、ファッションへのこだわりについて聞かれ、「ロングもオシャレだけど、普段は絶対ミニしかはかない。ファッションに関しては中身ギャルなんで!」と語り、さらっとギャルアピールをしたのが原因だ。

 この水原の発言が気に食わないという読者たちが、意外なほど多いのだという。

「水原は13歳から3年間、『セブンティーン』の専属モデルを務めていましたが、その当時、未成年にも関わらず、喫煙、飲酒、さらにはスロットにまで通っていたことが発覚しています。また、それらに対する批判コメントを自身のブログに書き込まれた際も、『お前らいい加減にしてくれへん?言いたい事ばっかいって。うちがこんなんでビビると思っとーん?うざすぎる。そんなファンならいらん』と、反省するどころか、強気な姿勢を見せました。これこそが水原が芸能界一の嫌われ者になったルーツでもあり、素行不良ということで『セブンティーン』のモデルもクビになりました。その堂々たる黒歴史を知っている読者も多く、まるでクビを切られた『セブンティーン』への逆襲のつもりか、開き直ったようにギャル系雑誌でアピールをしていることにおおいに違和感を覚えているようですね」(ファッション誌編集者)

 実際の声を拾ってみても、「素行不良=ギャルじゃない」「アンタはギャルじゃなくてDQNの間違いでしょ!」「ウチらの中に入ってくるな!」など、反発する声がほとんどだ。

 ギャルには好かれているという甘い自惚れが水原にはあったようだが、セブンティーンより下に見られてはギャルたちの憤りも当然。残念ながら、その嫌われっぷりは予想以上のようだ。

(権田力也)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング