ベッキーの事案は犯罪?当事者になる前に知っておきたい不貞行為の法律

20160218futeihouritu

 タレント・ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不貞行為騒動以降、巷では「いつ我が身に襲い掛かるか?」といった不安を口にする女性も増えています。

 そのようなピンチを乗り越える、または夫の不貞処理についてのポイントを、この機会に知っておきましょう。

■不貞行為は法律上は「犯罪」ではない

まず、不貞行為は正確には犯罪ではありません。民法上では裁判になったときに「離婚をしてもいい正当な理由になり得る」ということが書かれているだけで、犯罪そのものではありません。

■3年間黙認したら時効になります

不貞行為をされたと知っても、それを3年間黙認してしまうと“時効”が成立してしまいます。民法上「損害及び加害者を知ったとき」から3年間で時効となり、慰謝料を請求することができなくなります。また、相手の名前や住所がわからない場合も慰謝料を請求することができません。

■慰謝料の争点は「離婚の原因」が不貞行為にあったか

慰謝料を取れる取れないという部分で争点になるのは、離婚や不仲の原因が不貞行為だったかどうかです。つまり、夫やその不貞相手から慰謝料を取るには、それが離婚や不仲の原因になっていないといけないので、不貞関係になる前から離婚話が出ているなどのケースでは話が違ってきます。

 また、付き合い始めてから相手が既婚者だと知って、自分は不貞行為を犯してしまったとショックを受ける人もいるでしょうが、これは犯罪ではありませんので落ち着いて考えて対処していきましょう。

 また妻側は相手を突き止めたならば、慰謝料を請求するかどうかを早めに判断して行動する必要があります。

 もし自分が当事者になってしまった場合、法律的にはどのように処理できるのか、きちんと理解したうえで慎重な行動をとることが肝心なのです。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング