初エッセイ出版の梅宮アンナ、「不貞」「育児放棄」に必死の釈明

20160222umemiya

 2月11日に初の書下ろしエッセイ「女は『ひとりの時間』に磨かれる」(KADOKAWA)を出版した梅宮アンナ。その直前には、スポーツ報知のインタビューで2013年に不貞していたことを激白し、話題になった。3年ほど続いた交際だったが、アンナは「相手は結婚していたのに、結婚していないって言われたんです」と大失恋の胸の内を明らかにした。

「破局後は1カ月で8キロも痩せたそうです。この大失恋を機に何もかも売り払い渡米し、再出発を図ったとのことです」(スポーツ紙デスク)

 あれから時が経ち、過去の失恋話を話せるようになったアンナだが、新たな問題が浮上した。“育児放棄”問題である。

「アンナの娘は現在14歳。インターナショナルスクールに通っているのですが、実家に預けたままにして、自分は都内のマンションで一人暮らし。実家に行くのは週に3、4日。そんなあり方が“育児放棄”だと非難を浴びているのです」(前出・スポーツ紙デスク)

 経済的に苦しいわけでもないのに娘を実家に預け、自分は一人暮らしを謳歌しているなど、世間一般から見れば育児放棄と見られても仕方がない。そもそもなぜ娘と別居しているのか。

「(娘と)一緒に住んでいた時期は、ケンカが絶えなかったようです。でも14歳の年頃の娘がいたら、親子のケンカなんて当たり前だと思うんですけどねえ」(女性誌記者)

 ネット上でも「自分が自由になりたくて実家に子供を預けて育児放棄しているのに、正当化している」「みんなストレス抱えながら子育てしてるんだよ!」という意見が続出し、叩かれまくっている。

 それを受けて、アンナはエッセイ出版と同日に行われた記者会見で、「決して育児放棄ではないし、仕事もしたいし、仕事をしている間は家族が面倒を見ている。ウチでは普通のことなの」「彼女(娘)もこういう仕事をしているからしょうがないよねって言っている」と釈明した。

 仕事をしながら子育てに奮闘する母親が多い昨今、セレブの考えは、庶民には理解しがたいとしか言えない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング