事実上の“解散”ツアーにKAT-TUNファンがジャニーズ事務所に「器が小さい!」

20160222kattun

 昨年11月にKAT-TUNの田口淳之介がグループからの脱退とジャニーズ事務所退所を発表していたが、その卒業日が3月31日に決定。結成当初は6人だった同グループは、4月から3人での活動をスタートさせるはずだった。

 ところが、3大ドームツアー開催を発表したわずか3日後の13日には、突如、ツアー最終日である5月1日の東京ドーム公演をもって、グループでの活動を一時休止することを報告。この急展開にファンたちも「えっ、どういうこと?」と動揺を隠せないでいる。

 メンバーの中丸雄一は、活動休止について「具体的な期間ははっきり出ていないが、会議では1年か2年かというワードは出ています」と説明している。

 ファンにとってはまさに奈落の底に突き落とされたような展開だが、せめて活動休止前のドームツアーぐらいは楽しく迎えたいという気丈なファンも一部にはいるようだ。しかし、どうも士気が高まらないでいるのが実情だという。

「そもそも、この最後のドームツアーにも疑心暗鬼なファンが多い。ドームツアーに対する不穏なムードは活動休止前からもありましたが、活動休止が決まってからは余計にファンがザワついています。その理由はやはり田口の存在。3月22日にデビュー10周年を迎えるKAT-TUNですが、田口も3月いっぱいはグループに在籍するのに現時点では10周年を記念した4人でのイベントの予定も皆無。しかも、直後のドームツアーで活動休止なら、田口の契約を1カ月だけでも延ばして、4人でツアーできたはずでは? という声が日に日に増しています。おそらく、ジャニーズ事務所がそんなことは許さないのでしょうが、先のSMAP問題もあったことでよけいにファンが憤っています」(女性誌記者)

 ネット上では「デビューから10年間応援してきましたが、なぜ田口君とファンのお別れの場を作らないのか理解できません」「事務所の器の小ささにびっくり」「どんな気持ちでライブを観ればいいの?」「4人でドームでお別れならまだスッキリするのに‥‥」と、その心痛な雰囲気が伝わってくる。

 ジャニーズ事務所の「去りゆくものには容赦なし」の構えが、ここでもファンの気持ちを踏みにじっているようだ。

(本多ヒロシ)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング