2019/05/08 10:14

春は体がクサくなる!?忘れがちなこの時期の体臭ケア法

 春は体臭ケアが必須のようです。「まだ夏ではないから、あまり汗をかかないし……」と油断は禁物。気候の変化や寒暖差があって乾燥しがちな春の時期は、汗腺の機能低下や屋外と室内の寒暖差ストレスによる“ストレス臭”が発生するといいます。

 五味クリニックの五味常明院長によると、汗をかく機会が少ないと汗腺の機能が低下し汗の量は減りますが、ニオイの元となるミネラルなどの成分が約2倍に増加するのだとか。しかもこの汗はベタベタして乾きにくく、より皮膚表面がアルカリ性になることで、皮膚常在菌が繁殖しやすい環境になってしまうそう。そのため、夏の汗よりもニオイがきつくなることもあるのだそうです。

 さらに、気候の変化や新生活での緊張・ストレスで自律神経が乱れると、胃腸の働きが弱まって疲労物質が溜まりやすくなるといいます。実はこの状態も体臭や口臭の原因。汗だけではなく、“皮膚ガス”といわれる皮膚からの排出や呼気からも、ニオイは排出されるそうです。

 五味院長いわく、ストレス臭対策に重要なのは、腸内バランスを整えること、体を弱アルカリ性にすることの2つ。次のような方法で、体臭ケアをするのがよいそうですよ。

■海藻類で腸内バランスを整える

 腸にはさまざまな腸内細菌が存在していますが、中でもウェルシュ菌などの悪玉菌は、タンパク質を分解してアンモニアなどの体臭につながるニオイ物質を生み出すことがあるのだとか。これらの悪玉菌を減らすには、食物繊維を摂り、悪玉菌の住みにくい環境をつくることが大切とのこと。海藻類や豆類など、食物繊維をたっぷり含んだ食品を摂ることがオススメだそうです。

■体を弱アルカリ性にする

 体内に酸性物質が増えると、汗の中にニオイ成分の量が増えて体臭が強くなるため、体の中は弱アルカリ性に保つ必要があります。肉類などの酸性食品を摂り過ぎると体内が酸性に偏るため、アルカリ性食品でミネラル類が豊富な、海藻類や緑黄色野菜を積極的に摂ることがオススメだそうです。

 また、暑さが本格的になる前は、汗の量が少なく水分補給を怠りがち。水分とミネラルを補給することは、脱水状態と体臭を同時に防ぐことにもつながるそうです。そのための五味院長のオススメは、「塩こんぶ」。そのままゆっくり食べることで唾液が分泌され、口臭の軽減につながるといいます。消臭効果が期待できる緑茶のお茶うけとして一緒に食べれば、水分とミネラル補給を同時に行うことが可能。さらに、アルカリ性食品の梅干しと塩こんぶをお湯に入れることで、体臭・口臭予防にも役立つそうです。

 忘れがちな春のニオイケア。腸内バランスを整え、体を弱アルカリ性に保ってニオイの悩みを撃退し、快適に過ごしましょう。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング