「四大陸選手権」本郷理華の“リバーダンス”ステップを生んだ2人の元選手

20160223hongou

 2月18~21日に開催されたフィギュアスケート四大陸選手権。男子は惜しくも表彰台には届かなかったが、女子は1位、3位に宮原知子、本郷理華の2人が上がり、日本選手の層の厚さを世界に示した。特に本郷の上達ぶりが著しいと関係者の間で話題になっているという。

「今季は鈴木明子に振り付けと指導を受けて滑らかな演技と表現力に磨きがかかり、大きな成果が出ています。同じ長久保裕コーチのもとで練習を積み、本郷のことを幼い頃からよく知っている鈴木だけに、ショートでは本郷の長所を伸ばす振り付けを考え、また演技指導でもどうすれば問題点が解決するかアドバイスをしていました」(スポーツライター)

 ショートもフリーも高い評価を受けている今季。特にフリーの「リバーダンス」のステップでは、会場を大いに沸かせている。

「氷の上で小刻みなステップを踏むのは簡単ではありません。フィギュアスケートにそんな難しいダンスの要素を初めて取り入れ、ステップの世界をガラリと変えたのは引退した高橋大輔選手にほかなりません。彼が踊るようなステップを組み入れてから、全体のステップのレベルはぐんと上がりました。浅田真央選手も以前はステップが苦手で、高橋選手を見て“どうやったらあんなふうにできるんだろう”と言っていたほど。今ではそれがウソのように、ステップで高得点を稼げる選手になっています」(前出・スポーツライター)

 技術が生まれ、受け継がれ、フィギュアスケートは進化を続ける。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング