“アパマダ吉彦”の方がマシ?原田龍二、告発理由はホテル代をケチったからか!

 国民的人気ドラマ「水戸黄門」(TBS系)の5代目“助さん”こと佐々木助三郎や、「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)の陣川公平警部補役などで知られる俳優の原田龍二。2017年からは「5時に夢中!」(TOKYO MX)の金曜MCを務めるなど、バラエティ番組でも活躍。私生活では、01年に女優と結婚。一男一女に恵まれ、子煩悩なパパとしても知られている。

 そんな原田が、複数の自身のファンの女性と不適切な関係にあったと5月30日発売の「週刊文春」が報じた。

 記事によると原田は、女性を車で駅まで迎えに行き、人気のない広大なスポーツ公園の脇道に駐車。後部座席で事に及んでいたとある。そして、自身が発射し終わると、そそくさと運転席に戻り、女性を駅まで送るのだとか。情報を提供した女性は「虚しくなり、連絡を断ちました」という。

 原田は同誌の直撃に「してはいけないこと」と答え、概ね不貞を認めている。

 かつて、男性芸能人に弄ばれた女性を取材したという記者は「ホテルにも行かず、お金のかからない場所で関係を持とうとするのは、原田だけではない」という。

「今年、逮捕されたHやハーフタレントのKは、ファンの女性とマンションの屋上や飲食店のビルの非常階段の踊り場で事に及んでいました。原田も、女性を性のはけ口としか見ておらず、ホテル代をケチるから告発されるんです。これに比べたら、アパホテルでポイントを貯めていた袴田吉彦なんてかわいいもんですよ」

 誠意のないアバンチュールを続けていると、報いを受けることになるのだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング