冷蔵庫の中も!?梅雨時期にキッチン周りのカビを防ぐために気を付けたいこと

 梅雨といえば、家の中はジメジメしていて鬱陶しいですよね。それに、キッチンや冷蔵庫内などではカビのリスクも! そこで、梅雨時期のキッチン周りのカビ対策をご紹介しましょう。

■換気をよくする

 住宅におけるカビ研究の第一人者とされる、エフシージー総合研究所(FCG総研)取締役の川上裕司農学博士によると、カビの原因となる湿度に注意することが一番なんだとか。カビの繁殖スピードを加速させる湿度といわれる80%を超えないように、換気を意識し、風通しをよくするのがよいそうですよ。

■野菜は洗ってから収納する

 川上博士は、生鮮野菜や果実についているカビの胞子が発芽して繁殖しないよう、ナス・キュウリ・トマトなどは収納する前に洗って汚れを取り除いておくのを勧めてます。

■卵はケースのまま冷蔵庫に保存

 平成暮らしの研究会による「家事の裏ワザ・隠しワザ」(河出書房新社刊)では、卵の殻には細菌やカビがついている可能性があるため、買ってきたらケースから出さずに冷蔵庫の下のほうに置くのを勧めています。冷蔵庫の卵収納スペースに入れてしまうと、ドアの開閉のたびにカビの胞子などが他の食品にふりかかる可能性があるからなんだとか。

 梅雨のシーズンには、ぜひこれらの方法を駆使して、キッチン周りのカビをしっかり予防したいものですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング