“面倒くさい、男くさい”真木よう子を「乙女」に変える方法とは!?

 女優の真木よう子が7月31日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。豪快で癖の強いプライベートでの姿を暴露され、反響を呼んでいる。

 真木は大の親友であるという歌手の大塚愛と、映画ライターという一般人女性と3人で登場。「真木よう子と面倒くさい真木よう子の被害者!?大塚愛」というテーマでトークを展開。

 大塚は真木について、「車で迎えに来てくれるけど、ボコボコにへこんでる。ドアを開けるとバキバキって音がするし…」と、真木のマイカーに対する乱暴な扱いにびっくりした経験を暴露。

 これに対し真木は「私は外国人的な考え方で、車はボコボコにして乗ってナンボだと思ってます」と豪快な一面をのぞかせる。さらに「真木やばいって」と呆れる出演者のチュートリアル・徳井義実に対して「車ちょっとこすっただけで直すような人大嫌いなんです」とぶちかまして爆笑を呼んだ。

 また、映画ライターの友人は、「真木はジャイアンだから」と評し、ハワイで誕生日だったときにサプライズで無理矢理スカイダイビングをさせられた恐怖を告白。スタジオを凍り付かせていた。

 この友人はさらに、真木に好みの男性を聞かれて「徳井さん」と答えたところ、「徳井とコンパしてやるよ」と飲み会をセッティングされ、すっぽん料理屋のカウンターに真木を真ん中にして座らされ、初対面でいきなりバツ2であることまでバラされた被害を告白した。

 また、プライベートでも一緒に飲みに行くという徳井は、ある日、真木から飲みに誘われたが、翌日早いため断ったところ「あなた、それでいいんですか」「今日飲まないでいつ飲む」「今日という日は2度と来ない」とLINEで攻勢をかけられ、「男気に訴えてくる…」と、真木の面倒臭さを暴露した。

 こうした真木の言動に視聴者からは「真木さん、悪い人じゃなさそうだし楽しそうだけど、友達にしたらちょっと大変かも笑」「大塚愛と何かあった?不仲そうに見えてハラハラしたよ」「次の日仕事早い人をしつこく誘うなんて…自分のことしか考えてないよね」「面倒くさいというかがさつ過ぎるのかな。強引だし。確かにジャイアンっぽい笑」「親友に異性を紹介するのがなぜスッポン屋!?しかもカウンターで横並び…」などの反応が見られた。

「カラオケに行くと知らないうちにアザができてると真木は言っていましたが、ちょっとヤンチャな若い男のノリなんですかね。これは、よほど包容力のある人物じゃないと親友にはなれなさそう。逆に、これだけの傍若無人をしても絶縁には至らないということは、やはりそれを補って余りある魅力も備えているということでしょうけどね」(女性誌記者)

 番組ではさらに、そんな男らしい真木を一瞬にして乙女に変えるアイテムとして、輪ゴムを取り上げ、輪ゴムを鉄砲のように真木に向けると、一瞬にして「きゃー!ガチでやめて!」とおびえて隠れる真木の姿を放送。

 ネットでは「真木さんに絡まれたときは輪ゴム見せればOKだな」「真木さんとプライベートで付き合うには輪ゴム必須」といった意見も。

 豪快でジャイアンのような真木だが、輪ゴム1つで大人しくなるとは…。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング