「20年間ダイエッター」と豪語する倖田來未の“体型維持”への執念!

 歌手の倖田來未が2月26日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)にゲストで出演し、キャリアを通して常に自身の体重を徹底的に管理してきたと自負している。

 倖田は1999年に現在の所属事務所である「エイベックス」のオーディションを受けており、トップアーティストとして活躍していた浜崎あゆみやhitomi、Do As Infinityら先輩の名前を挙げながら、「皆キレイで可愛い。その人たちを見てこの事務所に入りたいと思った」とエイベックスを選んだ理由を説明。

 しかし、当時の倖田は現在よりもふくよかな体型だったため、3枚目のシングルをリリースする際、事務所からプロモーションビデオを「アニメにするから」と通告されてダイエットを決意。「それから20年間ダイエッターです」と現在も体重管理に余念がないという。デビュー当初の自分の姿については「パンパン」だったと言い、「テレビでお見受けする人は、皆頑張ってはるんやなぁって思いました」と同業者のストイックな姿勢に感心したことを振り返っている。

「特に倖田は“クールな艶感”を武器に活動していましたから、他の歌手に比べて肌見せ度合いの高い衣装を着用するケースが多く、体型の変化がすぐにバレてしまうという点も『20年間のダイエッター』とならざるを得なかった要因でしょう。とはいえ、加齢と共に激太りや体重管理の甘さなどを指摘される歌手が多い中、20年にもわたってダイエットを心掛け体型を維持してきた倖田のプロ意識の高さには『これだけ維持してるんだから立派』『あの声量に体型維持はさすがプロの歌手』『20年のダイエット継続はすごい』と敬服するコメントが多いです。自身を太りやすい体質だと悩む倖田ですから、20年もの間ストイックにダイエットと向き合うというのは生半可な覚悟ではできないことですね」(エンタメ誌ライター)

 デビューから数年間はヒット作にも恵まれず、下積み期間にはミカンの箱の上に立って、わずか数名の観客の前で歌わされたこともあったという倖田。苦労人としてのキャリアを歩んできたことで、厳しい体重コントロールから逃げないタフな精神力が養われたのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング