子どもの受験資金、学資保険と貯蓄ではどっちがお得?

 受験シーズンが終わり、ホッとしている親御さんも多いのではないでしょうか。でも、これから受験を迎える子どもを持つ人たちは大変ですよね。子どもの大学進学を視野に入れるなら、資金の調達が不可欠ですから、今からしっかり準備をしたいものです。

 例えば、学資保険の受け取りタイミングを大学入学時に設定し、100~200万円ほどの準備をしたり、子どもが小さな頃から貯蓄をしたりする家庭が多いようです。我が家はどうすべきか──これは、子どもの人数や住んでいる地域、親が準備する資金と子どもが奨学金などで担う部分など、整理して概算しておくことが大切です。

 大学受験と一言でいっても、交通費や宿泊費にどのくらいかかるか、何校受験するかなど、状況や志望校によって費用は大きく異なります。さらに、大学受験を前に予備校に通うのであればその余裕も……と考えると、資金繰りの幅は広がりますね。

 平均値でいえば、子ども1人当たりの大学受験にかかる費用は、国立大学受験の場合で30万円弱、私立大学の場合で35万円弱といわれています。遠方の場合は交通費や宿泊費を、私立大学の場合は複数受験するケースを念頭に置き、余裕をもって準備したいものです。

 合格すると、入学時、とくに入学前には、受験時よりも多くの費用が必要になります。入学料・授業料の初年度納付金の目安は、国立大学で80~100万円程度、私立大文系で100~150万円程度、理系や医学部系など、学部によっては500万円ほどにのぼることもあります。

 どこまで家庭の支出で賄うか、また、支払いのタイミングは大学や状況によって異なりますが、初年度にまとまったお金が必要になることは間違いありません。ここを見据えて、「受験費用は貯蓄で、入学に必要な費用は100万円ほどを学資保険で」と、作戦を立てる家庭もあります。

 貯蓄がうまくいかなくても、200万円ほどの資金は確実に学資保険で準備しておこうと、月々の支払額をやや多めに設定する家庭もあるようです。ちなみに、保険料は5000円程度から15000円程度を選ぶ家庭が多いそう。さらに、入学後の資金までを考えると、最低300万円ほどを目安にし、積み立てていきたいものです。

 資金を調達する手段は、家庭の状況や方針によって異なるところでしょう。万が一のことを考えて学資保険を選ぶ家庭もあれば、元本割れや会社倒産のリスクよりも確実な資金調達を考えて預貯金を選ぶ家庭も。両方のよい部分を活用して、バランスよく利用したいですね。まずは、我が家にあった方法は何か、家族で話し合う場を設けてみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 218382

    【3COINS】で見つけた!夏のオシャレにオススメのグッズ3選

    『3COINS』では、オシャレに自分を演出できるグッズが数多くあります。今の季節にぴったりの、夏向けグッズや暑さ対策グッズも豊富! そこで今回は、この夏にオススメしたいオシャレなグッズたちを紹介していきましょう。■UVフ … 続きを読む 【3COINS】で見つけた!夏のオシャレにオススメのグッズ3選

  2. 218356

    【ミスタードーナツ】猛暑に最適!ドーナツを凍らせて新食感を楽しもう

    ネット上で話題になっている“ミスタードーナツのドーナツを凍らせる”というテクニック。うだるような暑さの中では、凍らせてよりひんやり、美味しくドーナツを楽しみたいものですよね。基本的に、ドーナツはどれも冷凍することができま … 続きを読む 【ミスタードーナツ】猛暑に最適!ドーナツを凍らせて新食感を楽しもう

  3. 218287

    この夏行きたいホテルの“スイーツブッフェ”2選

    この夏、食べ放題に出かけたい。しかも、「スイーツをいっぱい食べられるところに!」と考えているなら、ホテルの“スイーツブッフェ”が候補に挙がります。都内で開催されている2つの夏ブッフェを紹介しましょう。■ヒルトン東京「スイ … 続きを読む この夏行きたいホテルの“スイーツブッフェ”2選

注目キーワード

ランキング