働く女性に向いている意外な“間食”

 何かと忙しい働く女性にとって、仕事の合間にちょっとした間食をとっておくことは、仕事のパフォーマンスをキープするためにも必要といわれています。でも、甘いものを食べると太るのが気になりますし、間食選びはなかなか難しいところがありますよね。

 管理栄養士で臨床栄養学に詳しい足立香代子さんの著書「太らない間食 最新の栄養学がすすめる『3食+おやつ』習慣」(文響社刊)には、おやつにはたんぱく質や脂質を摂ったほうが痩せるというルールが紹介されています。例えば、おやつには鮭や明太子のおにぎり、ハム、チーズ、ツナ、卵のサンドイッチ、ミニカツサンドなどのおかずパンを選ぶといいそうです。だいたい200kcalまでに抑えれば、食べ過ぎも防げるそうですよ。

 でも、「パンやおにぎりを間食にするのはちょっと……」という場合は、ゆで卵、ナッツ、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、フルーツがオススメだとも書かれています。ちなみに、フルーツはキウイフルーツがよいのだとか。

 200kcalとはどのくらいかというと、クッキーは4~5枚、おにぎりは1個、総菜パンは半分から3分の2、ミックスサンドイッチは2切れ、ピーナッツは30粒、キウイフルーツは5個、リンゴは1個、板チョコ(ミルク)は半分だそう。ぜひ参考にしたいですね。

 また、女子栄養大学の名誉教授である殿塚婦美子さんの著書「100歳まで元気なカラダ! 筋トレ5分+タンパク質」(マガジンハウス刊)では、間食には同じくたんぱく質を推奨しており、ヨーグルトやチーズを勧めています。他にも、バナナやリンゴ、おにぎりがオススメだそう。おにぎりは「分食」が勧められていて、夕方頃にコンビニのおにぎりを食べておき、帰宅後、遅い時間になってしまってもタンパク質のおかずと副菜を食べるようにすれば、体脂肪になりにくいそうですよ。

 どうやら、働く女性の間食は、思い切っておにぎりを選ぶというのも「あり」のようですね。そこまで食べられないという場合は、ナッツやチーズなどをうまく取り入れてみましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング