多部未華子「私の家政夫ナギサさん」の“家事ダメ役”は実生活のまんま!?

 女優の多部未華子のロケ現場を3月27日発売の「フライデー」がキャッチ。ロケは4月期ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送は延期に。撮影もままならない主演の多部は気が気でないだろうが、この役どころが“本人そのもの”だと話題になっている。

 多部が演じるのは、製薬会社のMR(医薬情報担当)として働くアラサーの独身キャリアウーマン。仕事はデキるが、家事はまったくできない。そんな主人公が、俳優の大森南朋が扮するおじさん家政婦を雇うことから起きるラブコメディだ。

 記事では、多部の仕事上のライバルを演じる俳優の瀬戸康史から声をかけられるショットを掲載。家事がまったくできそうに見えないカラフルな衣装の多部だったが、実生活ではどうなのか。多部は2019年10月1日、写真家の熊田貴樹氏と結婚している。

「『私の家政夫ナギサさん』の役どころ同様、得意ではないようです。19年12月の『女性自身』によると、多部の母親は娘に料理を作ってもらったことがないと告白。もともと料理をあまりしていないようですが、母の料理特訓を受けて簡単なレシピの料理はマスターし、熊田氏にふるまっているそうです。ただ、多忙な多部の事ですから、あまり上達はしていないのでは。整理整頓も不得意のようですね。19年9月21日に都内で行われた多部の出演映画『アイネクライネナハトムジーク』の公開記念舞台挨拶で、『長い間ずっと苦手なこと』を発表するコーナーがありました。多部は『整理整頓』と回答し、『汚くなってから一気にきれいにするタイプ。地道に毎日きれいにできない。バッグの中も汚い』と明かし、共演者らを驚かせていました。多部は料理も掃除も苦手のようです」(芸能記者)

 ドラマでは、リアリティあふれる演技を楽しめそうだ。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング