ゲストがかすむ?「A-Studio+」キスマイ藤ヶ谷の“自己主張”に厳しい声

 ジャニーズアイドルとあって、視聴者のハードルもいささか高め?

 4月10日、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が新MCに抜擢されてから2度目の放送となったトークバラエティ「A-Studio+」(TBS系)。初回に続いて、藤ヶ谷のMCには厳しめの評価が下されてしまっているようだ。

「この日のゲストは女優の多部未華子さん。同局のドラマ『私の家政夫ナギサさん』の番宣も兼ねての出演でしたが、藤ヶ谷さんはドラマの撮影現場に潜入。ドラマのワンシーンで使用されたアンダーウェアをチョイスする作業を手伝ったことを報告しました。その証拠として、藤ヶ谷さんが女性のブラを持つ写真も公開されて、お茶の間の藤ヶ谷ファンをドギマギさせたようです。ダブルMCの笑福亭鶴瓶さんも『あかんもんはあかんって断りや』と、イメージが崩れるとツッコミを入れていましたが、藤ヶ谷さんは『どっちかっていうと、これは率先的にしてしまいました』と、下ネタも辞さない意気込みをアピール。慣れないMCで頑張っているという印象ですが、それが空回りしているという見方もあるようです」(女性誌ライター)

 番組自体は楽しそうに進行されているものの、SNS上でやり玉にあがったのが、ゲスト・多部との絡みについてだ。

「藤ヶ谷さんのファンからは『多部さんもすごくリラックスしてた』『さすが藤ヶ谷クン』と称賛を集めていましたが、以前の女性芸能人がサブMCを務めていた同番組に馴染んでいる視聴者からは、『自己主張が強すぎて見てて辛い』『どっちがゲストなの?』というコメントが目立ち、いまひとつしっくり来てないようですね」(前出・女性誌ライター)

 鶴瓶は藤ヶ谷について「良さは自然体」とフォロー。確かに自然体で張り切っているのは明らかで、だからか「あまり批判するのも可哀相」「きっと一生懸命なんだろうな」「下ネタも迷ったあげくやってると思う」と、長い目で見たいという声も少なからずある。でも「あまり考えずに自然体でいいよ」は素人さんやデビューほやほやのアイドルをリラックスさせるための常套句。先輩の中居正広など、プロフェッショナルなMCを目指すとしたら、もうワンランクアップする必要があるようだ。

(山田ここ)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング