コロナ禍で“テレビの見方”はどう変化した?

 新型コロナウイルスの影響を受け、人々の“テレビの見方”が変化しているようです。

 ビデオリサーチが新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活者の生活変化、テレビ視聴の状況レポートによれば、テレビ視聴率(関東地区6-24時 総世帯視聴率)を前年と比較すると、2020年2月25日あたりから前年を上回りはじめ、とくに3月下旬からはテレビ視聴率が大幅に伸びていました。では、テレビではどんな番組が見られているのでしょうか?

“よく見る番組ジャンル”では「ニュース・報道番組」が43.6%でトップ、次いで「情報バラエティー」が31.5%、「気象情報・天気予防」が31.1%となりました。やはり、新型コロナのニュースを中心に見られているようですね。

 一方、“もっと見たい”というのは「お笑い番組」と「洋画」「アニメ」がほぼ同率の18.8~18.9%で、現実離れ、ストレス発散したい意識が垣間みられます。

 バラエティ番組は収録もままならず、出演者同士が一定の距離を保ったり、MCが一人で出演したり、自宅から出演したりするなどの対策が取られています。海外ロケ必須の番組は、収録すらできないようです。そんな状況から、今ではYouTubeなどのオンライン動画で面白いものも多いため、テレビのバラエティ番組視聴離れが進んでいるようです。

 こうしたテレビや動画視聴に関する変化が、アフターコロナでもみられるかもしれませんね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング