「フードコートでうどん」富川悠太アナの団らん写真に視聴者は安堵

 新型コロナウイルス感染からツキに見放された感のある、テレビ朝日の富川悠太アナウンサー。家族での外食風景を7月17日発売の「フライデー」がキャッチしている。

 富川アナ一家は6月末の平日、都心部にあるイオンのフードコートにあるうどん店へ。家族4人で楽しそうにうどんを食べていた。イオンのフードコートで家族と食事という庶民的な姿がなんとも微笑ましい。

 富川アナといえば、4月にPCR検査で新型コロナウイルスへの感染が判明。メインキャスターを務める「報道ステーション」でコロナ対策を呼びかけていたにもかかわらず、自身は発熱の自覚症状がありながら出演を続けていたことで視聴者から大バッシングを受けた。

 さらに、5月11日配信の「文春オンライン」にて、富川アナの妻が子供に罵声を浴びせ、子供が泣き叫んだことから通報され、自宅に警察と児童相談所の職員が駆け付けるというトラブルを報じられた。これを傍観していたとされる富川アナには、さらなる批判が寄せられている。それだけに、今回の家族の仲睦まじいシーンにはホッとした視聴者も多かったようだ。

「もともと富川アナは子育てが妻任せになっていたようです。2018年4月18日付の中日新聞のインタビューで富川アナは、家庭について語っています。『報ステ』を終えて、帰宅するのは深夜1~2時になるので、当時、小学5年と1年の息子さんは寝ていたそう。すれ違い生活はメインキャスターになる前の現場リポーター時代から続いており、月の半分は家に居ない生活だったとか。以来、ずっと家族と触れ合う時間が持てず、『帰宅したらまず子どもの寝顔を見ます。布団をかけ直してほっぺにチュッとしたり、頭をなでて“大好きだよ”って耳元でささやいたりしています』と話していました。こうしたことから奥さんに頭が上がらず、さらにコロナ感染で迷惑をかけたことから、余計に尻に敷かれているのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 復帰して、メインキャスターが木、金のみになったことを“格下げ”というメディアもあるが、富川家にとっては家族の絆を修復するための、前向きな分業となったのではないだろうか。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング