「伝説の記者会見」で振り返る芸能スキャンダル(1)菅野美穂はうそ泣きで100万部を記録!?

20160504geinoua

 SMAP解散騒動、ベッキーの「ゲス不貞」、桂文枝の“不適切な20年”と、今年は芸能スキャンダルがひしめいている。

「誤解を招くような大変軽率な行為だったと、深く反省しております」

 16年1月6日、ベッキーは「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との質問を一切受けない形の記者会見を開き、具体的な不貞の内容は何ひとつ明かさず、頭を下げた。この一方的な会見がストッパーを外し、今なおカムバックできないほどの逆風となってしまったが、さて、ここ20年の芸能史における「衝撃の会見」はいかがなものであったのか──。

「Get Out!(出て行け)」

 96年3月、鳴り響いたのは女優・藤田朋子の怒号である。完脱ぎ写真集の出版差し止めを訴えて会見に臨んだが、一方的に藤田が用意した原稿を読んで、わずか2分で終了。まだワイドショーに元気があった頃だけに報道陣が収まらず、藤田のスタッフに詰め寄る事態となった。この混乱で、藤田が英語で怒鳴る場面が何度もオンエアされ、結果的に「わがまま女優」のレッテルを貼られてしまうダメージになった。

 同じ完脱ぎ写真集でも、翌97年8月22日に開いた菅野美穂の場合は、多くの謎が会見場を包んだ。この日が20歳の誕生日であったこと。主演作も多いトップ級のアイドル女優が堂々と脱いだこと。そして、会見の最中に涙をぬぐったこと‥‥。

 涙の真意を巡って「家族の借金説」や「カメラマンとの恋人関係説」が飛び交ったが、今も判明していない。ただし、菅野は出版サイドに「私、泣いてみましょうか?」と予告していたのは事実である。誰もが菅野の女優としての業に翻弄され、そして100万部近いベストセラーを記録することになる。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング