「伝説の記者会見」で振り返る芸能スキャンダル(2)自死未遂?華原朋美の“珍釈明”は二転三転

20160505geinoub

 98年2月6日、三田佳子の会見もまた、レポーター陣は容赦なかった。三田の次男が自宅の地下室で薬物パーティを開いて逮捕され、母親としての責任で謝罪会見に向かった。もっとも三田は会見の前に「未成年だから報道しないでほしい」とマスコミに申し入れていたため、逆に反発を買ってしまう。質問に対しても「少年法を守る立場から思ったことをお話しできない」と終始する三田に対し、「月に50万円もの小遣いを渡して甘やかしていた親」と論調はヒートアップ。

 こうしたバッシングが相次ぎ、それまで国民的女優の名を欲しいままにしていた三田は、約3億円ものCM契約をすべて失うことになる。また次男も法律違反の薬物による再逮捕、再々逮捕と続き、さすがの三田もサジを投げた形だ。

 そんな薬物中毒で思い起こされるのは99年1月30日、ミリオンセラーを連発していた華原朋美の身に起こった異変だ。弟の携帯に「苦しい」と訴えたため弟が駆けつけると、ガスコンロの栓が全開になっている。部屋中にガスが充満し、救急車を呼んで一大事は逃れた。当時、恋人だった小室哲哉と破局したばかりで、誰もが自死未遂を疑った。

「焼きそばを作ろうとしたらフラッとしてしまって‥‥」

 退院後の会見で華原はこう弁明したが、焼きそばの材料も見当たらないなど、あまりにも不自然。さらに、警察の事情聴取に対しては「もんじゃ焼きを作ろうとして」と、メニューそのものが変わっている。華原はその後も搬送騒ぎや事務所からの解雇処分とスキャンダルが続き、完全復帰まで長い時間を要している。

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング