余ったハンバーグを常備菜に!“リメイクおかず”レシピ3選

 ハンバーグを作り過ぎてしまうことってありませんか? そんな場合は“リメイクおかず”として、お手軽常備菜に変身させましょう。次のような料理に活用して、ハンバーグを2度3度と楽しんではいかがでしょうか。

■シチュー

 凍らせたハンバーグを一口大にカットし、同様に一口大にカットした、じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどと一緒に煮込んでシチューのルウを加えます。凍ったハンバーグが切りにくい場合は、半解凍にすると形を崩さずにカットできますよ。最後に、茹でたブロッコリーを加えれば、食べ応え抜群のシチューの完成です。

■ミートソーススパゲッティ

 デミグラスソースを火にかけて、冷凍ハンバーグを投入します。木べらでハンバーグを潰すように混ぜ、火を通しながらお好みの大きさに変えましょう。そぼろ状に細かく砕いても、ゴロゴロと一口大にしてもOKですよ。

■ハンバーグ入り具沢山の味噌汁

 キャベツやにんじん、大根など、野菜たっぷりの味噌汁にハンバーグを加えることで、食べ応えのある具沢山の味噌汁に変身させることができます。ハンバーグは1cm角程度の大きさにカットして、野菜と一緒に煮込むとよいでしょう。豚汁のように油の旨みも加わって、おかず代わりにもなりますよ。

 作り置きした冷凍ハンバーグは、ミートボールやそぼろの代わりとしてさまざまな料理に活用できます。ハンバーグを作る際は、多めに作って保存しておくのも便利です。たねの状態で(焼かずに)冷凍保存する場合は、2週間以内を目安に早めに使い切れるよう、アレンジを楽しみながら活用してくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング