「私の家政夫ナギサさん」に大疑問!メイとナギサは恋に落ちるのか?

 8月11日、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第6話が放送され、視聴率は過去最高の16.0%を記録した。

 仕事はできるのに家事と恋愛が苦手なアラサー女子・メイ(多部未華子)が、大森南朋演じる「幼い頃はお母さんになりたかった」という家事のエキスパート・家政夫のナギサさんを雇うことから始まるハートフルラブコメディ。ネット上では多部演じるメイもさることながら、ナギサさんに大森をキャスティングしたことに絶賛の声があがっているようだ。

「大森はイケメンとは言い切れない味のある俳優なだけに、ヒロインのメイと恋愛関係に進展するのか、それとも“友達以上恋人未満”的な距離感にはなるものの恋愛関係には進展しないのか、どちらに進むのかわからない存在としてベストなキャスティングだと指摘されています。もしナギサ役を竹野内豊や西島秀俊などが演じていたら“恋愛に進展する”とすぐにわかりますが、大森だと先が読めない、恋に発展しそうな気もするけれど“ナギサさんみたいないい人を探します”となりそうな気もする、として『このヤキモキ感は嫌いじゃない』『どっちなんだよと思いながら引き込まれる』『大森南朋のナギサさんは絶妙』と言われているようです」(女性誌記者)

 瀬戸康史演じる田所優太がドラマのオリジナルキャラクターとして活躍しているため、原作漫画を読んでもドラマでのメイの恋の行方は不明なまま。このままドラマを見続けることだけが、結末を知るための手段のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング