「私の家政夫ナギサさん」と「逃げ恥」に“もう一つ”の類似点

 女優・多部未華子主演のドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第8回が8月25日に放送され、世帯平均視聴率16.7%と最高視聴率を更新。次週の最終回に向けて視聴率20%超えへの期待が高まっている。

 製薬会社でバリバリ働くキャリアウーマンなのに家事と恋愛が苦手なヒロイン・メイ(多部)が、おじさん家政夫ナギサさん(大森南朋)を雇うところから始まるハートフルコメディ。第8話では、ナギサさんの家事代行サービスの契約が切れることを知ったメイが、ラストにプロポーズするといった展開に視聴者も大興奮だったようだ。

 そんな中、このドラマと2016年10月期に放送された「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)との類似点を指摘する意見が盛り上がっているという。

「『わたナギ』では、家政夫を雇っているメイが突拍子もなくナギサさんにプロポーズしてしまいますが、『逃げ恥』では家事代行で雇われていた新垣結衣が突然プロポーズしてくるところも似ているとネットでは話題になっています。さらに注目を集めているのが、視聴率の推移。『逃げ恥』は初回10.2%でスタートした視聴率が回を追うごとに上がり続け、最終回では20.8%を記録。『わたナギ』も初回14.2%から、一旦12%台に落ちるも第6話以降は、16%台をマークして、しかも右肩上がりなんです」(女性誌記者)

 来週の最終回で視聴率20%を突破して、「逃げ恥」との類似点をもう1つ増やすことができるか。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング