2020/10/12 07:14

玉木宏が語る“ストイックすぎる私生活”が笑えるのはナゼ?

 10月11日にスタートするドラマ「極主夫道」(日本テレビ系)で主演を務める玉木宏。おおのこうすけ氏による同名漫画が原作で、玉木は伝説の極道“不死身の龍(たつ)”と呼ばれていたにもかかわらず、極道から足を洗い専業主夫に転身した男を演じる。

 玉木は前クール「竜の道 二つの顔の復讐者」(フジテレビ系)でも竜一という名のキャラを演じていたため、ネット上では「竜から龍へ」「ドラゴン続きの玉木」などと指摘されている。

 10月8日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に番宣のため出演した玉木は、現在のよく響くバリトンボイスに声変わりした時期を「小学4年生の時に急に変わった」と明かし、番組MCの加藤浩次や天の声を務める山里亮太らから「小4でこの渋さ? 学校イチ渋かったでしょうね」「教師と同じトーンでしょ?」など驚かれた。

 また、同日放送の「バゲット」(日本テレビ系)にも番宣出演し、原作漫画のイメージを壊さないために6キロ減量し、体脂肪率を5.1%にまで落としたと告白。さらにその体型を維持するために1日に卵の白身9個、黄身1個を食べているとも明かしたのだ。

「役者として勤勉であることにネット上では驚きの声があがっています。中には玉木に対し『玉木はオモシロ玉手箱や~』『私生活を語るたびに毎回笑っちゃう。生真面目すぎておかしいというか』『かっこいいのになぜかおかしみのある玉木さん。てか「のだめ」の千秋先輩=玉木宏』『玉木は何をしてもかっこいい。けど何をしてもプッと吹き出してしまう』といった、カッコイイのに笑ってしまうキャラを指摘する声も少なくないようです」(女性誌記者)

 2006年に大ブームとなった「のだめカンタービレ」(フジテレビ系)で演じた千秋先輩がアタリ役となって大ブレイクした玉木。今回の龍が新たなアタリ役になるか。

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング