水回り掃除の手間を激減させる3つのヒント

 気付けば水アカやカビが発生してしまう水回り。家事に育児に仕事にと奮闘していると、ついつい掃除が後回しになってしまいますよね。「頻繁に掃除するのは面倒だけど、きれいな状態を保ちたい!」という場合は、次のような工夫がオススメです。

■モノを直置きしない

 お風呂やキッチンの床やシンクにモノを直置きすると、水切れが悪くなってヌメリや水アカが付きやすくなります。桶や洗剤ボトル、掃除用のスポンジなどは、「吊るしたり掛けたりするタイプの収納」に変更するとよいでしょう。超吸水のスポンジやマイクロファイバー布など、サッと水分を取れるものを常備し、使用後は必ず一拭きする習慣をつけると、さらに汚れを防ぎやすくなりますよ。

■コーティング剤で水はけをよくする

 せっかく掃除してもすぐに汚れてしまうのでは、やる気が減退してしまいますよね。掃除後の状態を最大限長持ちさせるためにオススメなのが、「コーティング剤」です。掃除の度に使用するスプレータイプから数年間もつ本格的なコーティング剤、プロがコーティングしてくれるサービスまで、さまざまな種類がありますから、水回りの素材や掃除方法、ライフスタイルに合わせて選びましょう。コーティングしておくと、水アカができても簡単に落ちるので、日々のケアがラクになります。

■こすらず汚れを落とすスプレー洗剤を活用

 掃除自体の時短には、磨く手間を省くことができる「高機能の洗剤」がオススメ。それも、食器やシンク・浴槽などの汚れをこすらずに落とすことができる、「スプレータイプの洗剤」が便利です。洗剤をかけて放置しても落ちない頑固な汚れはしっかりと磨き、除菌や簡単な汚れはスプレーに任せてしまえば、掃除の時間をグッと短縮できます。

 年に数回は時間をかけてピカピカに掃除し、普段はきれいな状態を保つためのメンテナンスのみをすればいいように仕組み化すると、掃除の時間や手間を大幅に削減できます。これらのヒントを参考に、ぜひ日々の負担を減らしてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング