2017/03/19 06:00

美女タレント「劣化の瞬間」を禁断プレイバック!(2)藤原紀香の顔が「将棋の駒」に!

2017_asajo_p2_i

 美容には人一倍気を使っていると評判なのが藤原紀香(45)。その彼女が今いちばんプッシュしているのが「水素」だ。

「片岡愛之助との結婚会見で水素水を生活に取り入れていることをアピールすると、ブログでは水素バブルバスをさりげなく紹介。ランチに水素水で洗った生野菜を食べたと報告しました。テレビのバラエティ番組でも、美の秘訣として水素を紹介し、『水素はすごくこれから人間を救っていく』と発言するほどのハマりようです」(芸能ライター)

 しかし、水素水の効果が現れなかったのか、このところ紀香の容姿が著しく“劣化”していると指摘する声が多く聞かれる。

「彼女は確実に太りましたね。顔はパンパンですし、二重あごになっているほど。ネット上では『将棋の駒みたい』という声も聞かれます。動画サービスの連続ドラマで55歳の役柄を演じると発表された時に、『40代半ばの紀香が55歳を演じるのは無理があるのでは?』と懸念されたのですが、現在の彼女を見た記者たちは逆に納得したくらい。そのため、紀香がいくら美容にいいとPRしても世の女性たちからは疑問の声があがってしまう。本人にもそんな声が耳に入っているのか、ブログ用の写真は自分が納得いくまでマネージャーに何度も撮り直しさせているとか」(広告代理店関係者)

 自分を広告塔にして「水素ビジネス」でも始めるつもりなのだろうか。

「アラフォーの星」ともてはやされているのは、平子理沙(45)。しかし、15年4月の海外ドラマのDVDレンタル開始記念イベントで、取材陣に対して“異様な注意事項”がアナウンスされたという。

「それは、“アンチエイジング”というキーワードを控えるようにというものでした。平子さんは美を維持する秘訣を聞かれると、『何にもしてないんですよ~。お水にこだわっているくらいかな』と答えていますが、実際は化粧品へのこだわりはハンパない。最近の平子さんは、歳を取ることに対して非常に恐怖を感じているように見えて、その焦りが表情に現れています」(女性誌編集者)

 モデルを主戦場にしている平子。年齢よりずっと若く見えることには変わりないが、女性誌などでは写真に“修整”が加えられることが多いため、リアルの姿で現れた時のギャップに「劣化」の声があがってしまうのだろう。

 はたして、「奇跡のアラフォー」のイメージをいつまで維持し続けられるか?

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

    女性が考える“理想の顔”って、いったいどんな顔だと思いますか。「可愛い系/キレイ系」「華やか/シンプル」「イマドキ/コンサバ」など、理想の顔を決める要素は数多くありますが、年齢の違いはもちろん、好みや感じ方は人それぞれ。 … 続きを読む 女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

  2. 26223

    鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

    薄着の季節がはじまると気になってくるのが「ムダ毛の処理」。ファッションやメイクはバッチリ気合を入れてキメたのに、「ワキ毛の処理をすっかり忘れてた!」なんていうのはよくある話。なかには「街なかで偶然会った友人と立ち話してい … 続きを読む 鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

  3. 23112

    結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

    誰にでも理想の結婚相手の条件はあるもの。ただ、理想を追い求めすぎる婚活女子に注意してもらいたいのが「ハイスペック彼氏」。高学歴、高収入、おまけに身長も高くて‥‥なんていう、深田恭子とマツコも羨ましがりそうな好条件がズラリ … 続きを読む 結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

注目キーワード

ランキング