2017/04/28 07:15

女子フィギュア戦国時代! 宮原知子は台頭する若手をどう迎え撃つか?

20170428_asajo_miyahara

 平昌五輪フィギュアスケートのシングル出場2枠をめぐり、しのぎを削る女子選手たち。先の「国別対抗戦2017」の結果で、一歩後退したのが宮原知子選手だ。

「フリースタイルのこれまでの日本歴代最高得点は今シーズンのグランプリファイナルで宮原知子選手が記録した143.69点。国別対抗戦では、まず樋口新葉選手が145.30点で宮原選手を上回り、さらに三原舞依選手が146.17点をマークした。2人そろって“宮原超え”を果たしたのです」(スポーツライター)

 宮原選手といえば、故障のため2月の四大陸選手権から休養をし、世界選手権も国別対抗戦も欠場していた。

「若手の樋口選手と三原選手は、五輪出場枠がかかった世界選手権のプレッシャーとの闘いで大きく成長したのだと思います。樋口は持ち前の気の強さ、三原は病気との闘いで培った強靭な精神力があり、今シーズンでさらに試合度胸がついたのではないでしょうか」(前出・スポーツライター)

 SPとFSのトータルスコアでも、三原選手は宮原選手の日本歴代最高得点である218.33点に0.06点にまで迫っている。

「確かに焦る部分はあるかもしれませんが、宮原選手は冷静沈着なタイプ。コツコツと努力を積み重ねて結果がついてくるスタイルです。ライバルの活躍や後輩の台頭に闘志をかきたてられるのではなく、自分と向き合って治療に努め、平昌五輪に向けて着実に歩を進めてゆくと思いますよ」(前出・スポーツライター)

 故障からの復帰を目指す宮原選手だけでなく、三原選手と樋口選手の若手2人にとっても、来シーズンが勝負の年であることは間違いない。どの選手も万全の状態で五輪出場を目指してほしいものだ。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 43859

    顔の大きさがコンプレックスの人へ!『リナライズ』による小顔メソッドで自信回復を

    「友達との自撮りでは必ず3歩くらい後ろに下がる」「旦那よりも顔が大きくてショック」「風邪をひいてもマスクを付けたくない」「帽子が似合わない」「ヘアスタイルやファッションが限られてしまう……」「ポッチャリ好きはいてもデカ顔 … 続きを読む 顔の大きさがコンプレックスの人へ!『リナライズ』による小顔メソッドで自信回復を

  2. 43849

    『オヤスリムプラチナイト』で美脚対策! “パンパン”脚をスッキリさせたいなら着圧ソックスがオススメ!

    『オヤスリムプラチナイト』は美脚を望むあなたにオススメの着圧ソックスです──いよいよ寒さが厳しくなってきましたね。この時期は冷えによる「むくみ」の症状も表れやすく、女性にとってはホントに悩ましい! さらに、厚手の靴下やタ … 続きを読む 『オヤスリムプラチナイト』で美脚対策! “パンパン”脚をスッキリさせたいなら着圧ソックスがオススメ!

  3. 39722

    高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

    30代の女性といえば、心身が成熟してきて、まさに女盛りの頃。とはいえ、仕事での責任も増し、プライベートでは結婚・出産・育児と、人生が大きく変化する頃でもありますよね。それだけに、ストレスやホルモンの乱れなどから身体への影 … 続きを読む 高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

注目キーワード

ランキング