2016/3/16 9:58 AM

「ママタレ」アピールに失敗した優木まおみが目指すべきは「女・石田純一」?

20160316yuki

 このところ“ママタレ”アピールに余念のない優木まおみだが、1月に発売したスタイルブック「35 MAOMI STYLE #2」が通販サイトで、「センスのかけらもない」「小さい子供がいるのに、地震が起きたら真っ先に皿が落ちてきそうなインテリアなんて、何の参考にもならない」「ただの自己満アピール!」と購入者から酷評されるなど、苦戦しているようだ。

「今年初めに『世間のママたちから“見本にしたい”と称賛が殺到』と優木を過剰に持ち上げるネットニュースが突如掲載され、キナ臭さを感じたネットユーザーから『スタイルブック発売に合わせた事務所の情報操作』だと叩かれました。優木側はなんとしてでも“ママタレ”として売りたいようですが、残念ながら現役ママたちからの支持もなければ、ママ業を優先させて頑張っているというイメージもない。称賛記事の真偽はわかりませんが、現在のところはまったくアピールできていませんね」(女性誌ライター)

 実際、優木はママらしからぬ空気の読めなさで、たびたびネットをざわつかせている。昨年末はイベント会場で“妊活中”であることを告白。「『今夜は早いの?』とハートマーク入りのLINEを送ったり、“仲良くする”ようにしている」と、夜の営みについて赤裸々に語り、「他人にとってはただの種付けスケジュール公開だ!」と炎上したことも。

 さらに、インスタグラムに当時生後11カ月だった娘がミルクを“セルフ飲み”している動画をアップ。読者から「危ないですって」「えっ、それでも母親!」と総口撃を受けたことも記憶に新しい。

「『新鮮な部分を保つために夫にアンダーウェア姿を見せない』『子供を産んだら女として終わる』といった発言もありました。聞かれてもいないことを何でもペラペラとしゃべることから、ネット上で“女・石田純一”と揶揄する声はあっても、彼女を“憧れのママタレ”と崇めている人は見たことありません」(前出・女性誌ライター)

 これはもう、新たな戦略を考えたほうがいいのでは?

(烏山麻衣子)

Asa-Jo チョイス

  1. 12511

    垂れる、崩れるに徹底対抗!男の視線を釘付けにする25歳からの最新バストアップ法とは?

    ■胸の悩みは20代から。8割以上の女性が感じている…バストのハリがなくなってきた、胸が垂れて形も崩れてきた‥‥胸の悩みはアラフォー世代からと思っている人も多いでしょうが、実は20代から急激に進行しているんです。その主な原 … 続きを読む 垂れる、崩れるに徹底対抗!男の視線を釘付けにする25歳からの最新バストアップ法とは?

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング